江戸川乱歩推理文庫第25巻(講談社)
『三角館の恐怖』



【初版】1988年1月9日
【定価】520円
【乱歩と私】「乱歩と私」加堂秀三


【収録作品】

作品名
三角館の恐怖
初 出
『面白倶楽部』昭和26年1-12月号。
粗 筋
 「長生きした方に全財産を譲る」との遺言状は、双生児の蛭峰兄弟とその一族を骨肉の争いに巻き込んだ。ある雪の夜、弟・康造が何者かにピストルで射殺された。犯人は兄・健作か? 古色蒼然とした純西洋館で起こる連続殺人事件。乱歩得意のトリックを駆使した長篇推理小説。『エンジェル家の殺人事件』の翻案。
(裏表紙より引用)
感 想
 ロジャー・スカーレットの第四作『エンジェル家の殺人』の翻案。当時、乱歩は本作をベスト10に入れるほど入れ込み、戦後には準ずるものと評価を改めるものの、かなり未練たらたらであり、自ら翻案するほど入れ込んでいたと思われる。
 日本人名に改めたものの、乱歩にしてはほとんど脚色せず、純粋な本格ミステリ作品となっている。創元推理文庫から昭和61年に新訳が出ていたが、読み比べてみるのも面白いだろう。
備 考
 

【江戸川乱歩推理文庫(講談社)】に戻る