東野圭吾『放課後』(講談社文庫)

 校内の更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で死んでいた。先生を二人だけの旅行に誘う問題児、頭脳明晰の美少女・剣道部の主将、先生をナンパするアーチェリー部の主将―犯人候補は続々登場する。そして、運動会の仮装行列で第二の殺人が…。乱歩賞受賞の青春推理。(粗筋紹介より引用)
 1985年、第31回江戸川乱歩賞受賞作。1988年7月、文庫化。

 多分25年ぶりくらいの再読。とはいえ、作品の内容はあまり覚えてなく、密室トリックと最後のシーンばかりを覚えていた。作品の内容よりも、その結末の方がむしろ印象的だった作品。久しぶりに読んでみたら、意外と骨格のしっかりとした本格推理小説になっていることに驚いた。うーん、当時はどういう眼で読んでいたんだ、これを。
 生徒にほとんど干渉しないことから「マシン」というあだ名を持つ数学教師、前島が探偵役となり、事件の謎を解き明かす。一番目の事件は、教師用の男性更衣室で生徒指導の教師が青酸中毒で殺される。更衣室には中から心張り棒が引っ掛けられ、上側に空間がある隣の女姓更衣室は施錠されていて密室だった。二番目の事件は、前島が仮装するはずだったが生徒を脅かそうとこっそり入れ替わった教師が行列中に飲んだ一升瓶(水)に毒が入っていて殺される。
 こうしてみると謎の設定が興味深い本格推理小説であるし、女子校を舞台としている割には登場人物の描写もしっかりとしていて、青春推理というフレーズにも納得できる物ではある。トリックや犯人像も悪くない。やや手堅いかな、という印象こそはあるものの、これだったら受賞してもおかしくはないだろう。
 事件の動機について納得いかないという意見もあったそうだが、個人的にはそれほど疑問と言うほどでもなかった。こういう動機は十分にあると思う。
 ただ、それでもだ。最後のシーンが全てをかっさらって行っているように思えてしまうのは何故だろうか。




坂本光一『白色の残像』(講談社文庫)

 夏の甲子園大会、千葉代表と茨城代表の両監督はかつて大阪代表の名門信光学園でバッテリーを組んで優勝した実績をもつが、不幸な事故が二人を遺恨対決に変えてしまう。東都スポーツの中山記者が二人を取材したが、そんなときハンデ師殺人事件が起きる。高校野球への熱い思いを込めた乱歩賞受賞の傑作長編。(粗筋紹介より引用)
 1988年、第34回江戸川乱歩賞受賞。1991年7月、文庫化。  坂本光一は東京大学時代、野球部のレギュラーだった。本作品は初応募で受賞。もっとも兼業作家であったこともあり、わずか数作で筆を折っている。
 時期的には、高校野球のセミプロ化が問題となる前の位置になるだろうか。名門・信光学園の優勝時のバッテリー、向井と真田が千葉代表・習志野西と茨城代表・取手学園の監督として甲子園出場。二人は学生時代に事故で野球を辞めていた。さらに二人の母校である信光学園も交えた三つ巴の因縁が甲子園を沸かす。甲子園決勝で向井・真田に敗れた東都スポーツ記者の中山は、二人の確執を調査する。フリーライターの大八木は、信光学園と習志野西が打順の一巡する三回以降に打線が爆発するという傾向を見つけ、そこに何らかの不正があるとにらむ。
 野球部分については面白かった。なぜかはわからないが、やはり高校野球を扱われると盛りあがる。とはいえ、今回の事件については指導者の声しか聞こえてこなかったのは残念。言ってしまえば不正をしているのだが、そのことに対する葛藤とか無かったのかね。それ以前に、この方法で確実に打撃がアップするかと聞かれたらかなり微妙だと思うのだが。
 ハンデ師の殺害は密室殺人事件に加えアリバイが絡んだものなのだが、これはどちらもナンセンス級のもの。特に密室トリックは、実行こそは可能かもしれないけれど、間違いなく検屍段階でわかるだろう。それ以前に、これをどうやったら素人が推理できるんだ?
 はっきり言って、野球の謎だけで迫った方が良かったと思うんだけどね。その方がドラマとしてもスッキリするんじゃないか。乱歩賞だから、ミステリだから殺人事件が無ければいけない、という悪い思い込みがあった時代の産物だと思う。乱歩賞のレベルから言ったら、かなり低い方。リーダビリティは悪くないけれど。




川田弥一郎『白く長い廊下』(講談社文庫)

 十二指腸潰瘍手術後の患者が、長い廊下を病室に運ばれる途中に容体が急変、死亡した。責任を問われた麻酔担当医窪島は、独自に調査を開始し、意外な真相に辿り着く。しかし、その時、彼はすでに大学の医局間の複雑な対立の中に、足を踏み入れてしまっていた。'92年度江戸川乱歩賞受賞作。現役の外科医が挑戦した、乱歩賞初の医学ミステリー。(粗筋紹介より引用)
 1992年、第38回江戸川乱歩賞受賞。応募時タイトル「長い廊下」。改題のうえ、1992年9月、単行本刊行。1995年7月、文庫化。

 現職外科医による医学ミステリ。この頃の乱歩賞で流行っていた、今まで乱歩賞で扱われていなかった一般的ではない特殊な舞台・設定の作品、お勉強ミステリの一つである。一般人にはなかなか触れられない舞台なので、説明文だけでも十分ページを埋められるし、読者の興味も引きやすい。一般人には馴染みの薄い機械や器具、設定などを使ってのトリックが可能という点が、特に乱歩賞には有効に働いてくる。ということで本作品でも、病院という舞台ならではの殺人トリックが使われているものの、はっきり言ってしまって想像することができないものであり、本当に実行可能かどうかも含め、ハイハイそうなんだね、と流して読んでしまうような内容である。まあ作者も、トリック自体には重きを置いていない。病院ならではの駆け引き、闘争が裏に隠されているのだが、これも定型的に見えてしまい、面白いものでもない。
 もう一つ突き抜けた何かがないと、読者には響いてこない。乱歩賞を受賞する傾向に沿った作品であるが、時間つぶしにしかならない程度の作品。手堅くまとまっているという言い方はできるかもしれないが。



【「江戸川乱歩賞」に戻る】