マイクル・イネス『ストップ・プレス』(国書刊行会 世界探偵小説全集38)

 犯罪者ヒーロー〈スパイダー〉生誕20周年を記念して、人気探偵作家エリオットの屋敷ラスト・ホールで開かれたパーティの最中、あたかも〈スパイダー〉が本の中から抜け出したかの如き怪事件が頻発、ついにはエリオットが構想中のプロットとそっくりの事件が発生する。奇人変人揃いのパーティの面々が右往左往するなか、犯人も、動機も、犠牲者さえも一向につかめぬまま、大団円に向かって物語は進んでいく。全篇が壮大なプラクティカル・ジョークともいうべきイネス畢生の大作。(粗筋紹介より引用)
 1939年に刊行された作者の第4作。2005年9月、翻訳されて刊行。

 マイクル・イネスといえば江戸川乱歩が『ある詩人の挽歌』で絶賛したことで有名な英国新本格派の作家なのだが、その『ある詩人の挽歌』が邦訳されたのが1993年だし、代表作『ハムレット復讐せよ』は訳が読みづらいせいかたちまち絶版になったというような状況で、邦訳に関しては恵まれない作家だった。長編だけでも45作品、うちジョン・アプルビイシリーズは32編あるそうだ。アプルビイは最後警視総監にまで出世するらしい。若島正曰く初期より読みやすいという中期以降の作品が翻訳されるとはとても思えないが(そういえば長崎出版から1冊出ていた……)。
 500ページを超える大作である本作品は、義賊から名探偵になった大衆小説のヒーロー・スパイダーが、未発表の作品にあった悪戯を起こし、挙句の果てに作者であるリチャード・エリオットの屋敷に現れ、執筆中の作品の筋書きそっくりに事が運ぶという作品。知的でおかしな登場人物たちが例によってたくさん集まるし、皮肉だらけのユーモアあふれる会話が飛び交って物語は全然進行しない。元々イギリスならではのファルス・ミステリというものが苦手なのだが、本作品は作者が気の赴くままに書き散らしているのではないかと思うぐらい会話が多い。事件の方も結局ドタバタばかりで、読み終わってみると肩透かしを食ってしまう。「全篇が壮大なプラクティカル・ジョーク」という紹介文に嘘偽りはない。好きな人は好きなんだろうなあ……。
 申し訳ないが、私にとっては長いだけの作品だった。年を取ってから読むと、また違う印象を持つだろうか。




笹本稜平『失踪都市 所轄魂』(徳間書店)

 江東区亀戸の空き家で完全に白骨化した死体が二体発見された。住んでいたのは八十代の老夫婦。検死官は二人とも他殺と断定したが、監察医務院は自然死と結論し、一課の管理官も事件性を認めなかった。城東署の葛城邦彦は、息子の警視庁特命捜査対策室管理官・俊史の協力を得て捜査に乗り出すが、本庁サイドの動きは鈍く、本来なら立ち上げるべき捜査本部を一校の設立しようとしない。やがて浮かび上がった敵に、葛木父子と捜査陣は震撼する――。(帯より引用)
 『読楽』2012年6月号〜2013年7月号連載。単行本化にあたり加筆修正し、2014年7月刊行。

 『所轄魂』に続く第二弾。所轄の刑事である父親と、キャリア警視である息子の活躍が面白く、第二弾に期待をしていたのだが、読み終わってがっかりした。読んでいて面白い部分はあるのだが、結局警察上層部との闘いになってしまう展開なのである。所轄と警視庁捜査一課との意地のぶつかり合いなら楽しめるのだが、上層部の悪玉とのぶつかり合いでは、「越境捜査」や「素行調査官」と何の変わりもないわけである。これを「所轄魂」シリーズでやる意味は無い。
 警視庁特命捜査対策室管理官である葛木俊史のハッスルぶりには好感が持てるし、所轄の意地を見せようとする葛木邦彦たちの奮闘には応援を送りたくなる。読んでいて楽しいことも事実。事件の真相も少々意外なところに着地しており、驚きはあった。多分先の不満は、笹本作品を追いかけているからかもしれない。ただ、ただ、作者にはこの手の「逃げ」をしないでほしいのだ。現場の苦労を知らずに階級意識を持つキャリアを叩くのは楽しいだろうが、このシリーズはそれとは別の方向で頑張ってほしかった。



【元に戻る】