アスファルトの虎 登場人物および組織メモ




 大藪春彦の最大長編『アスファルトの虎』を読んでいて、何の気無しにとっていたメモをまとめただけのものです。アスファルトの虎 メモもあります。ただそれだけです。


主人公および周辺の人物
高見沢優
 主人公。1950年(昭和25年)12月26日生まれ。愛称マッシー、マサル。
 父親は横田空軍基地(エア・ベース)に所属していたレイモンド・ヘイウッド。母親は横田空軍基地のP・Xのレジ係だった高見沢雅子。
 高見沢は基地の保育園、幼稚園で育った。福生の小学校に通ったが、基地の出入りは自由だった。中学生頃から横田や立川基地内の射撃場で母のボーイフレンドや父の旧友の銃を借りて射撃の練習を重ね、ヨコタ・ジュニア・シューティング・クラブの一員として各基地対抗の試合に出ていた。
 1966(昭和41年)、公立高校に進学。高校一年で女を知る。またボディ・ビルディングやウェイト・リフティング、パワー・リフティングを始めた。
 国立大学の入試にすべったため、浪人時代は横田基地の警備員としてアルバイトをし、拳銃やライフル、散弾のスキート射撃の訓練で抜群の腕前を示した。また普通運転免許証を取得。翌年、小金井にある東京農工大の工学部に入学。警備員のアルバイトをつつけ、帰国する米人の家族から新品同様のポルシェ911Sを購入した。
 大学1年の秋、ボディビル全日本学生選手権90kg以下ライトヘビー級チャンピョンおよび総合優勝してミスター・ユニヴァーシティの栄冠に輝く。翌年、ミスター日本コンテストで総合優勝。大学3年で、アジア・ボディビル選手権ライトヘビー級で優勝するとともにモースト・マスキュラー賞に輝いた。
 大学4年、人間工学に関する卒論を提出後、S.P.C(セキュリティ・ポリス・コーズ)の伍長が運転するポリスカーに同乗して滑走路の脇を夜間巡視しているとき、麻薬に酔ったパイロットが操縦する大型輸送機が着陸に失敗し、折れ飛んだ左翼がポリスカーに激突。伍長は死亡し、高見沢は右の膝から足首の近くにかけて骨がグシャグシャになった。横須賀の米海軍病院で骨が繋がるまで3ヶ月入院。さらにロサンゼルスの空軍病院でリハビリを7ヶ月続けた。帰国後、高見沢は米空軍憲兵隊三等軍曹として正式採用され、横田基地で働くようになったが、右肢の筋肉のバルクが元通りにならなかったことからやけくそになり、ベトナムの基地転属の願書を提出した。
 転属されたアン・ホワ空軍基地は半年もたたぬうちに敵軍の総攻撃によって壊滅。左肘を銃で射ち砕かれたうえに捕らわれた。日本人でありながら米空軍の正規兵と参加していた高見沢は半日米帝国主義のPR材料になるとして生かされ、解放軍の拠点に作られた檻の中に閉じこめられて見せ物にされた。
 約1年後、ベトナム宣伝用の8mm映画撮影中に脱走し、半月後にダナン米海兵基地にたどり着いた。日本へ帰国後、子宮ガンで入院していた母親が死亡。横田空軍基地に勤務し、1年後に名誉除隊。同時にアメリカ合衆国の永住権を与えられた。除隊時のランクは特務曹長。
 母親の退職金や保険金に遺産、また軍退職金、慰労金、捕虜時の給料、さらに軍隊で密輸等に関わって貯めた金で約1年8ヶ月の狩猟三昧の生活を送る。その後、ホストクラブのホストとして一から出直しの生活を始めた。なお軍人年金と戦傷者手当は毎月出ているため、最低限の生活は可能。
 身長1m78cm。体重95kg(食事等により前後5kgぐらい変動)。髪の色は黒で自然にウエーヴがついている。瞳の色は黒。首囲55cm以上。胸囲1m30cm以上。右の上腕囲55cm以上。左の最高上腕囲53cm。左の大腿囲80cm近く。右の最高大腿囲75cmほど。右のふくらはぎは左より細い。腹直筋だけでなく腹横筋も数本浮き上がる。胸の脇や脇腹の外斜筋も見事。鑿で荒削りしたようなシャープな印象を長く濃いまつげと甘い唇が柔らげる顔。アジアとヨーロッパの血が混じった顔は、ダーク・アンド・ハンサムと呼ぶに相応しい。(以上PART1)
 米国製の総合ビタミン錠とマルチ・ミネラル錠、ベータ・カロチン・カプセル、魚の不飽和脂肪酸のカプセル、ビタミンCコンプレックス千ミリ錠、ティースプーン五杯分の粉末プロテインによって、外食が多いことによって取ることのできない栄養を補給している。その他にも数多くの栄養剤等を使用。
 腕時計、たばこ、ライター、服、下着、アクセサリはデートの相手の好みによって変わる。
 将来の夢はF1レースのチャンピョンになり、3シーズン防衛すること。国内レース参戦のための費用や、F1レースにパッケージ参加するためには多額の金を必要とするため、資金繰りにジゴロとして政財界の女性を相手にして満足させることにより報酬を得ている。また裏の仕事として、田口元首相に敵対する大物を殺害し、多額の報酬を得ている。
 表向きは高性能社テストのレポート・ライター兼モーター・ジャーナリスト。ペン・アンド・ホイール・クラブという自動車ジャーナリストのギルドに属している。アルバイトとしてチェーンド・カーのテスト運転手をしていたが、コズミック・オプチカル・ジャパンとの契約時に止めた。この運転手時代の頃、事故を起こしても強靱な肉大で怪我を負わなかったことから、“命知らずのマサル”“不死身のマサル”の異名をとる。
 特技の一つは、満腹でもうまそうに食ってみせること。
 趣味はビッグゲーム・ハンティング。国内、海外問わず行っている。アメリカにある「サファリクラブ・インターナショナル」(SCI:Safari Club International)の会員。
 1982年、サングラスおよびレンズメーカーであるコズミック・オプチカル・ジャパンの新製品サングラス「マジクリーン」のイメージキャラクターに選ばれ、契約を結ぶ。以後、「マジクリーン・レーシング・チーム」のトップとしてレーシング活動を行う。コズミック・オプチカル・ジャパンとの契約料によって、戦闘力のあるラルトRT4改や日産エンジンを購入し、FPレースのシリーズ・チャンピョン・シップを獲得した。
 1983年にはF2レースおよびグランチャンにステップアップ。F2レース第一戦の2位を除く全戦で優勝。F2およびグランチャンのシリーズ・チャンピョン・シップを獲得した。また他に鈴鹿シリーズ・チャンピョン賞、日本モータースポーツ記者会からビッグファイト賞を受賞した。
 1983年9月28日〜29日、イギリスのブランズハッチ・サーキットにて、かねてから交渉を続けていたマクラーレン・チームのテストで好タイムを出した。11月上旬、F1フル・パッケージ参加200万ドル(当時のレートで約5億円)を支払い、マクラーレン・チームのナンバー2ドライバーとして契約。念願のF1ドライバーとなった。契約の中には、ナンバー1ドライバーであるニキ・ラウダと競り合いになったときはニキに順位を譲るというものがあり、実際のレースでは数回順位を譲ったことがあったが、その契約はイギリスGPでゴールドスミスによって破棄された。
 F1で好成績を収めたことから、デトロイトGP後にマクラーレン・チームと来年度の契約を交わす。ニキ・ラウダとのジョイント・ナンバー・ワンとして、年間契約料300万ドル、年俸300万ドルである。
 1987年、ダイアナ・スノーと結婚。ロンドン・メイフェア地区の一戸建てに住居を移し、リズという家政婦とリンダというメイドを雇った。1988年5月、長男ケネス(謙)が誕生。1989年6月、次男亜蘭が誕生した。
 1984年以後、マクラーレン、フェラーリ、ウィリアムズとチームを移り、4度の世界チャンピョンを獲得して、1993年のF1レース終了後に引退する。

レイモンド・ヘイウッド
 高見沢優の父。スコットランド系米陸軍下士官。愛称レイ。横田空軍基地(エア・ベース)に所属していた航空機関士。在日米軍のアマチュア・ライトヘビー級チャンピョンで人気者だった。1951年6月、朝鮮戦争で戦死。レイは米本土のワイオミング州で離婚訴訟中の正妻がいたため、優は認知されなかった。また遺族年金も本妻に渡された。

高見沢雅子
 高見沢優の母。横田空軍基地のP・Xのレジ係だったときに優の父であるレイと付き合い、優を産んだ。レイは離婚訴訟中であったため、結婚はしていない。レイの死後も軍属並みに扱われ、後に売場主任に昇格している。優が高校三年の時には、新しくできた下司官クラブのサブ・マネージャーに任命された。優がベトナム戦争から帰還して数日後に、子宮ガンで死亡した。

浅見利夫
 高見沢のマネージャー。F2〜F1に参戦する高見沢のマネージャーとして、レーシングチームやスポンサー企業との交渉、マスコミ対応、高見沢のスケジュール管理等に活躍した。高見沢のF2参戦時は、マジクリーン・レーシング・チームの監督として、マシンセッティングなどの指揮にもあたった。
 年齢は30歳近く(1982年末時)。長身痩躯で、顔は浅黒くハンサム。世田谷の団地暮らし。妻子がいるものの、物語では一度も顔を見せていない。
 前歴は中川悟一が所属していたチーム・ヨシザワのマネージャー。英語は達者であり、中川がヨーロッパF2シリーズに数回出場したときもマネージャーとしてそつなくこなした。またチームではレースの駆け引きやマシン整備の指揮など、実質的な監督として働いていた。
 1983年より、高見沢のマジクリーン・レーシング・チームの監督兼マネージャーに就任する。年収はボーナス込みで900万円。それに特別ボーナスとして、新しいスポンサーを掴んだときはスポンサー料の10%を取るという契約を結ぶ。その後の年収は不明だが、特別ボーナス契約はずっと続いた。
 F2時には色々とサイン会をセッティングしたり、F1参戦決定時にマスコミに情報を流して大々的に取り扱ってもらったり、新規スポンサーとの大口契約を複数成立させたり、各チームの情報を収集したり、チーム・マクラーレン内での調整にあたったりと、マネージャーとしてはかなり優秀と思われる。ロンドンで高見沢といっしょにいるときは、料理などの身の回りの世話も担当していた。
 洋食の朝食では食欲がわかない。しかしPART6では英国式の重い朝食を普通に食べているので、後付の設定と思われる。
 結構女性好きだが、高見沢と一緒では引き立て役に甘んじていた。ややマゾの気がある。

松本由紀
 PART6より登場。東京のマジクリーン・レーシング・チーム事務所に常駐するアシスタント。25,6歳で、クレオパトラ風の髪と卵形の顔。理知的な印象を与える瞳を持っている。元F3ドライバーだったが、事故で右の足首を大けがしたためレースを断念。スタンフォード大学へ留学した経験を持つため、英語も達者。自宅は元麻布二丁目にあり、まだ親がかり。給料は月15万円。2ヶ月分の給料のボーナスが年に2回。
 以後は高見沢たちが世界を転戦するため殆ど出てこなかった。



シルビア・マンション
 高見沢の東京における住居。新宿御苑に近い新宿大京町ある地上11階地下3階のマンションで、高見沢は10階、南東寄りにある一〇四五号の3LDKのフラットに住んでいる。駐車場は地下2階にある。
 専有面積約30坪。1979年時に5000万円で購入。ただし買ったのは、都内に質屋チェーンを持っている60歳過ぎの女。登記名義は高見沢。2000万円を現金で支払い、残りと金利払いは高見沢をつなぎ止めるためにローン払いとしていた。しかし女は2年前に心臓発作で急死したため、残金は高見沢がローンで支払っている。
 玄関のロックは電子キー。玄関を入って左側の二部屋がアスレチック・トレーニング・ルームと書斎、玄関の右が洗面室と浴室、玄関の奥がキッチンで、キッチンの右側が約15畳くらいの広さである食堂兼居間兼応接室、浴室の右側が寝室。寝室の外にバルコニーが突き出している。寝室の奥には大きな衣装戸棚が三つある。居間と寝室の境の壁にシャガールを模作した大きな絵が掛けられており、それを外すと、壁にはめ込まれた小型隠し金庫がある。
 アスレチック・トレーニング・ルームには、様々なボディ・ビル・コースのかなりの部分を一台でこなすことができる米国製コンビネーション・マシーンが置いてある。そのマシーンだけでは不足する筋肉アップのトレーニングを補うことのできる、数種類の専用マシーンも置かれている。ウェイト・リフティングで行われるスナッチとジャーク用の砂場を設置してあり、コンクリートの床から50cmほど砂を分厚く積み、周りを鉄板の枠で囲んでいる。他にランニングマシンもある。
 マンションには電話を2本引いており、1本は名刺に載せている表向きのもの、もう1本は重要な客にしかナンバーを教えておらず、寝室に引いている。
 書斎には自動車工学の専門書、日本と米英の主な自動車雑誌20年分、鉄砲や弾薬や狩猟に関する内外の専門書、「アメリカン・ライフルマン」「アメリカン・ハンター」「サファリ・マガジン」「アウトドアー・ライフ」といった鉄砲や狩猟の雑誌、動物の分類や生体に関する原書がある。また床には、かつて高見沢がツーリング・カー・レースに使った日産A12改のエンジン・ブロックが飾られている。レンチでヘッド・カバーを外すと、中にはかむ・シャフトもシリンダー・ブロックも、ピストンもクランク・シャフトもなく、隠し物入れになっている。そこにはGIコルトとホルスターが入っている。
 新聞や郵便物は、マンションに外部の者を入れないための配慮から、玄関ロビーにある集合ボックスに入れられる。居住者の希望で、管理人が各フラットに配達し直す。高見沢は新聞を3種類とっていたが、F1参戦時に購読を止めた。また郵便物等は全て青山のマジクリーン事務所に送られるように手配した。

昭島市の母屋
 昭島市朝日町に母が残してくれた家作。青梅線中神駅から歩いて5分程度。土地は約300坪。個人の武器弾薬庫、レーシング・カー用のガレージ。母屋は30坪ほどの平屋。横に頑丈な作りの広い納屋がある。庭には重油使用の焼却炉がある。
 母屋は電子キーでロックされている。奥には剥製室があり、高見沢が米空軍を除隊後に世界の猟場で獲った獲物が飾られている。
 納屋の中にはセルフ・ロッダー式トレーラーのトランスポーターと、トレーラートラクター、それにホイールが外されたマーチ79Bベースのフォーミュラー・パシフィック・マシンもある。しかしこれらはいずれも高見沢がF1ドライバーになったとき、安く売り払われた。
 納屋の工作台にはボール盤や様々なプレスが据えられ、近くには旋盤や電気炉がある。ドライバーなどの工具も壁に掛けられている。レーシングタイアやホイールも山のように積んであり、焼き付け塗装の設備もある。
 マシンの下回りを点検・修理するためのピットの隅に、五速のダブルH型スタンダードパターンを持った小型のトランス・ミッションが置いてあり、順番通りにシフトレバーを動かすと、ピットの後ろ側にある鉄筋コンクリート壁が横にスライドし、階段が見える。階段を地下10mほど降りると、幅10mからなる射場があり、その奥に二つの扉がある。
 一つは装弾場となっている。プレス、装弾機、被甲弾製造器、火薬計量器や秤がセットされている。また様々な弾頭、雷管、火薬が入った1ポンド缶、空薬莢、さらに道具やウェア、靴なども置かれている。
 もう一つは武器弾薬庫で、ロケットランチャー、機関銃、他用途銃、自動ライフル、射撃専用ライフル、猟用ライフル、短機関銃、拳銃、散弾銃が複数ある。手榴弾やその部品、弾、戦闘服や戦闘用ブーツもある。
 後に高見沢は、これまで稼いだ約100億円分の割引債券や宝石などを武器弾薬庫に隠した。

ロンドンの住居
 高見沢と浅見の、イギリスにおける拠点。メイフェア地区の高級住宅街にある12階建ての5階にある4LDKのフラット。専用の駐車ロットと家具付きで、家賃は月10万円。
 高見沢が東端の寝室、浅見が西端の寝室。浅見の部屋には、スポンサーの一つであるエクザグトから支給を受けたテレックスが置いてある。予備の部屋には、コンビネーション・ボディ・ビル・マシーンとトレッド・ミル・ランニング・マシーンが置いてある。
 管理人の名前はジム・ハンター。PART9で登場する。
 後に高見沢は結婚するため居を移すが、浅見はそのまま住み続けたと思われる。

結婚後の住居
 1987年にダイアナ・スノーと結婚。ロンドン・メイフェア地区の一戸建てに住む。リズという家政婦とリンダというメイドを雇った。

マジクリーン・レーシング・チーム事務所
 青山二丁目に借りたワンルームマンション、メゾン・スカイラークの6階にある。15畳くらいのスペースと、バス・トイレ、簡単なキッチンがある。部屋の一方はカーテンで仕切られ、そのなかには簡易ベッドと金庫が置かれている。高見沢たちがF1レーサーとして転戦するようになってからは、松本由紀が管理している。事務所は法人登録をしていない。
 後に本社を英国領ジャージー島内のペーパー・カンパニーに移したため、青山の事務所は東京支店となった。

マジクリーン(MAGICLEAN)・レーシング・チーム本社
 タックス・ヘイブン(課税避難地)である英国領ジャージー島に設立された。ただしペーパー・カンパニー。社長は高見沢、専務取締役は浅見。資本金10000ポンド。住所はセント・ヘリアー市ジョンストン地区にある7階建てのビルの、5階にある貸しデスク。設立を手配したシルヴァースタインが監査役で、年俸1000ポンド。名目上の従業員として、農民5人の名前を借り、100ポンドを支払った。貸しデスクには約20社で雇っている電話番の共同秘書、シャロン・ストラウスがおり、年俸300ポンドを支払っている。


自家用車他
BNW-B9アルピーナ
 主にデート等で使用。塗装はメタリック・シルバー・グレイ。エンジンはJIS280馬力程度。ノン・ターボ車、五速ギア。最高速235km/h以上。価格は1000万円以上だが、スポンサーの女性に買わせた。周囲には自分のものではないと言いつくろっている。

日産スカイライン2400GTターボRS
 主に日常の足として使用。エンジンやブレーキ、サスペンションなどは全て改造。エンジンはJIS230馬力。

トランスポーター
 マシンをレース場等に運ぶための車。高見沢がF1参戦時に売り払っている。

クラウン
 浅見の車。浅見が日本にいないときは由紀が使っている。

アストン・マーチン・ラゴンダ
 ロンドンの足。主に浅見がハンドルを握る。中古車店で新品同様の車を800万円ぐらいで購入した。


レーシングカー
マーチ79B
 1982年のFPレースで高見沢が使用。ラルトRT4改を購入する前まで乗っていたマシン。戦闘力が低く、FPレースで優勝したのは、雨の中のレース1度だけであった。高見沢がF1参戦時に処分している。

ラルトRT4改
 1982年のFPレースで高見沢が使用。サスペンションにはプログレッシブ・シート・スプリングを使用。また油圧使用の車高調整装置がつけられている。ボディとシャーシで2000万円。エンジンは日産L14.4Vを松岡がチェーンし、260馬力を絞り出す。タイアはトーキョー・タイア。戦闘力の高い本マシンで高見沢はFPレース最終3戦を優勝し、当時3位から高木と保志田を逆転して優勝した。
 FPレース最終戦では高木も同じマシンを使用するが力を持て余し、練習や本番でスピンして大破させた。

マーチ832
 1983年のF2レースで高見沢が使用。1982年末より製造が開始されたF2マシン。マーチの輸入総代理店であるドニントン商会より購入。シャーシーだけで1500万円する。カウルはマジクリーンカラーである若草色の塗装。
 2LエンジンはBMW-M12/7レーシングエンジンを使用。スペアを含めた3基は高回転型ハイニ・マーダー・チェーンで、1基は雨用に中低速トルクを残したスタンダード・タイプ。マーダー・チェーンは1基700万円、、スタンダード・タイプは1基500万円。

マーチ822
 1983年のグランチャンレースで高見沢が使用。中古のシャーシーを購入。国産グランチャン用カウルは、ムーンクラフト社にMCSWカウルを発注した。カウルはマジクリーンカラーである若草色の塗装。2Lエンジンはマーチ832と同じく、BMW-M12/7レーシングエンジンを使用。

マクラーレンMP4-2-2/ポルシェV6ターボ
 1984年のF1レースで高見沢が使用。エンジンはポルシェ、タイヤはミシュラン。ガソリンはシェル、オイルはユニパート。ニキはMP4-2-1である。

レース
ツーリングカーレース
 一般に市販されている車両を改造したマシンによるレース。様々なカテゴリがある。高見沢も参加していたらしいが、詳細は不明。

全日本フォーミュラ・パシフィック選手権
 1977〜1982年に開催された国内レース。略称FP(作品中ではF・P)。F2とF3の間に位置する。1.6Lエンジンは環太平洋地区共通のレギュレーションで、アメリカのアトランティック・チャンピオンシップとも連携して国際化も考慮されたが、実現はしなかった。
 エンジンは最大気筒数4のレシプロで最大排気量は1.6L。エンジンは委員会によって公認されたもののみ。タイヤを含む車両最大幅2m、ボディ自体の車体最大幅は1.3m。ホイールベースは最小2m、タイア最大幅は16インチ。車両最低重量450kg、等々の車両規則がある。
 高見沢は最後に開催された1982年に総合優勝した。なお、現実で1982年に総合優勝したのは星野一義、第2位は高橋健二である。

全日本F2選手権
 1978〜1986年に開催された国内レース。F2規定のフォーミュラカー(オープンホイール)を使用した四輪レースで、当時の国内レースのトップカテゴリーであった。
 エンジン等の全てを含めたマシンは1台約3000万円。フルシーズンの年間経費は最低6500万円。シリーズの賞金合計は2000万円未満。なおヨーロッパのF2一流チームにパッケージ参加(全てチームが用意する)をすると約1億2000万円を支払う必要がある。
 本編では1983年、高見沢が総合優勝した。なお、現実で1983年に総合優勝をしたのはジェフ・リースである。

富士グランチャンピオンレース
 1971〜1989年に開催された国内レース。略称はGCなどあるが、作品中では主にグランチャンと呼ばれている。主に富士スピードウェイで開催された自動車レースで、全日本F2選手権と並び当時の国内レースのトップカテゴリーであった。2Lエンジンでレーシングスポーツカー限定のレース。
 フルシーズンの年間経費は最低3000万円程度(F2と同時参戦した場合)。
 本編では1983年、高見沢が総合優勝した。なお、現実で1983年に総合優勝したのは松本恵二である。

F1
 世界最高峰のレース。1984年の高見沢の成績は以下。
 総得点は高見沢71.5点ニキ72点。ニキがF1世界チャンピョンとなった。

 1985年以後の成績は以下。
狩猟
除隊後
 アラスカのブルック・レンジで1ヶ月。カナダと米本土のロッキーで3ヶ月。イランとアフガニスタンで1ヶ月ずつ。モンゴーリアのハイ・アルタイ山脈で半月。南米のナット・グロッソで2ヶ月。シベリアと東ヨーロッパで2ヶ月。オーストラリアとニューイーランドとニューギニアで1ヶ月ずつ。ザイールとザンビアとエチオピアとボツワナで2ヶ月ずつ。

イノシシ猟
 本州の狩猟が解禁される11月15日以降、高見沢は足腰の鍛錬を兼ね、山北丹沢でイノシシ猟を行う栗林グループに参加し、イノシシを脅す勢子を担当している。主な猟場は丹沢湖の西北に広がる世伏有料猟区。グループは約20人。メンバーの名前で判明しているのは勢子でドライブイン従業員の尾川、ハンターの南田、山崎、丸山。
 栗林グループは順法精神に富んでいるとは言い難く、イノシシだけでなく、禁猟獣であるカモシカや鹿なども獲っている。

カモ猟
 1982年のレーシングシーズンオフ、千葉港で行った。それ以前もたびたび行っていると思われる。陸ガモ20数羽、海ガモ10数羽が戦果。なお、法規では一日5羽が最大狩猟数である。

ニムロッド・サファリ
 PART4に登場。1983年秋、高見沢と浅見がロン・デニスと接触するために南アフリカを訪れた際に行った。南アフリカ共和国東北部にあるナタール州ズールーランドにある独占狩区(コンセッション)。東西に約50km、南北に約70km。周囲は金網のフェンスがある。ズールーランドで白サイを射つには、最低15日分のガイド料を支払う必要がある。ハンター高見沢とオブザーバー浅見の基本料金で約8000ドル、白サイトロフィーフィー約6000ドル+ライセンスフィー約600ドル、他の獲物や銃のレンタル料などで合計16000ドル以上。
 戦果は以下。 サザン・サファリ
 PART4〜5に登場。1983年11月、マクラーレンチームと契約してF1レーサーとなり、殆どのスポンサー会社との契約がすんで楽天的になった高見沢が出かけた。基本料金は3週間で13000ドル。象のゲームライセンスが約750ドル、トロフィーフィーが約1000ドル。他の費用も含めて25000ドル程度。
 ボツワナ共和国にある。出張所は南アフリカ共和国のヨハネスブルグにあり、そこからランセリア空港に飛ぶ。ランセリアからは子会社の小型飛行機で、没間ワナの間運空港まで飛ぶ。オカヴァンゴのピンパン・キャンプとカラハリのウンガジ・キャンプがある。
 オカヴァンゴの戦果は以下。  カラハリの戦果は以下。 モンゴーリア・ハイ・アルタイ山脈猟
 PART6に登場。1983年12月のマシンテスト後に高見沢がアルガリ・シープ猟とアイスベックス猟へ出かけた。モンゴーリア・ハイ・アルタイ山脈猟は7月〜12月しか猟を行うことができないが、金さえ払えば猟期外のハンティングを許す。狩猟料金は宿泊料を含めて16500ドル。ユージン・ロスマンを通じて、ソ連の国営旅行公社インツーリストにあたるジュールチン(モンゴル政府観光局)に申し込んだ。スケジュールは12日間。銃は無料でレンタルできるが、実包は1発2ドルである。1頭でも撃ち損なって傷つけたまま逃がしたら、1万ドル近い罰金を払わなければならない。狼は害獣なので無料。戦果は以下。 キャナディアン・ロッキー猟
 PART8〜9に登場。カナダのブリティッシュ・コロンビア州に広大な独占猟場を持っている、フォート・セント・ジョンのプロフェット・アウトフィッターズで行った。2月は狩猟期ではないが、正規の値段の六倍である5万ドルを支払った。アラスカハイウェイを走り、スキニー・チーフの簡易飛行場から約20分飛んだところに、牧場や建物がある。剥製はウルヴェリン剥製会社に頼んだ。正規のハンティング・ライセンスはカナダGP終了後に、州の狩猟局まで飛んでいき、購入した。戦果は以下。 クルーガー・ナショナル・パーク
 PART11に登場。南アフリカのクルーガーにある自然公園でフォト・サファリパークを楽しむことができる。広さは長野県ほどある。全面禁猟で、管理がしっかりされているため密猟者もいない。背もたれと足乗せ台のついたベンチがあるオープンボディの四輪駆動車、ニッサン・パトロールに乗り、動物に近づく。動物たちは人間慣れしているため、間近までアプローチすることができる。高見沢は夫婦2組とともにフォト・サファリを5日間楽しむ。

ニュージーランド猟
 PART11に登場。1984年5月のベルギーGP終了後の短いオフを利用し、ニュージーランド猟、南島のアッシリア・ステーションへ出かけた。戦果は以下。 フロリダ、トローリング
 PART12〜13に登場。1984年6月末のデトロイトGP終了後の短いオフを利用し、フロリダ州キーズ諸島最南端にあるキー・ウェストにあるダイアナの別荘へ行く。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号"に乗り、スポーツ・フィッシングを1週間楽しむ。ガイド料は1日2000ドル。戦果は以下。
高見沢が請け負った裏の仕事
中尾組組長屋敷襲撃
 関西連合会武山会長は政治家の中川を田口ボディガード軍団が殺害したことを嗅ぎつけ、田口元首相を脅迫。ボディガード軍団は、武山の目を田口元首相から背けさせるために、抗争状態である関西連合会と新和会をさらに焚き付ける作戦に出た。そこで、ともに神戸の歓楽街生田地区を縄張りに持つ、新和会ナンバースリーで武闘派の鴨井組と、関西連合会ナンバーツーの中尾組を争わせるための工作として中尾組組長屋敷襲撃を計画した。
 鴨井組が雇い入れた水野、金村という流れ者の殺し屋を高見沢が殺害。その死体を持ったまま、兵庫区にある中尾組組長の屋敷に殴り込みを掛け、ボディガード数人を殺傷。水野、金村の死体を残して現場から消える。中尾組は鴨井組から仕掛けてきたと思いこみ、報復戦を挑むようにもっていく。
 高見沢の攻撃により、屋敷の三階が全焼。ボディガード軍団のうち20人が死亡、12人が重傷。他は軽傷で、さらに銃刀法違反や殺人容疑で逮捕された。中尾組長は家族とともに地下室に逃げ込んだため無事であり、逮捕もされなかった。報酬は1億円。

海堂副総裁殺害
 海堂保守党副総裁が田口元首相に反旗を翻し、総裁選出馬を決めたため、見せしめのために殺害を計画。世田谷赤堤にある海堂の屋敷から1kmほど離れたところにある、反対運動によって建設が途中でストップしたマンションから、早朝に庭で木刀の素振りをしている海堂を、高見沢は口径三○−三八八長距離狙撃用ライフルで射殺した。報酬は1億円。

三村奪回作戦
 ボディガード軍団の大幹部である三村が情婦のマンションで、関西連合会の手によって拉致された。犯人からの脅迫電話の途中で出てきた三村からの暗号により、関西連合会横浜支部長である国松の屋敷に監禁されていることが判明。高見沢は磯子区にある国松の屋敷に乗り込み、警護や見張りなど計33名を片づけた。最後に地下室へ乗り込み、三村を人質としていた横浜支部長の国松、武山組大幹部の青沼を、椅子に縛られていた三村とともに短機関銃で殺害した。
 さらに銃声を聞いて駆けつけてきた警官隊を片づけ、隠れ家に逃げ込んだ。報酬は3億円。

政治家松沢殺害
 関西連合会代表の武山は、マッチポンプ男と呼ばれる政治家の松沢に、中村代議士殺害や三村奪回作戦における大殺戮の真相を教えた。松沢は田口元首相に100億円の口止め料を要求。高見沢は田口元首相の命令で、情婦の1人であるアイドル岡部加奈子のマンションにいる松沢を、ボディガード4人や岡部、マンションのガードマンとともに殺害。報酬は1億5000万円。

金山幹事長殺害
 子分であった梅原大蔵大臣が田口元首相に反旗を翻し、新派閥である新政会を旗揚げした。田口元首相は黒幕である金山保守党幹事長に対し激怒。杉原たちに殺害を命じた。
 カツラと付け髭で変装した高見沢は医者に化け、休養と体調チェックのために渋谷区の病院に入っていた金山に遅効性の毒物を注射した。金山は約8時間後の明朝に死亡。心筋梗塞と発表された。報酬は1億円。

沖元首相殺害
 三村奪回作戦の大殺戮は田口ボディガード軍団の仕業であることを材料に、沖元首相は田口元首相の政界引退と田口派解散、さらに梅原派を除く田口派を福本派に回せと脅した。田口元首相がその要求をはねつけると、今度は検察庁の沖-福本派を総動員させると言った。そこで田口元首相は、沖の首に懸賞金をかけた。
 高見沢は杉原たちが用意した武器を持ち、横浜にある沖の私邸に侵入。ボディガードや秘書、情婦とともに沖を殺害した。報酬は5億円。

関西連合会武山会長殺害
 三村奪回作戦時において、関西連合会横浜支部長たちを殺害したのは田口ボディガード軍団の仕業であると決めつけ、関西連合会武山会長は300億円の落とし前を要求した。
 田口元首相の命を受けたこと高見沢は杉原たちが用意した武器を持ち、武山と女がデートをしている大阪の一流ホテルに侵入。支配人に化けて部屋に入り、ボディガード2名やたまたま見えていた関西連合会の中尾組長とともに、女と武山を殺害した。報酬は7億円。

栄光会撲滅
 元農林省の宿舎があった六本木の商業地域にある1万坪の土地を、大蔵省が競争入札した。田口元首相は、入札に応じた業者たちにボディガード軍団を使って脅しをかけ、自分のダミー会社の1つに坪400万円で落札させた。その後、坪6000万円で住安不動産に売り払い、5600億円を儲ける。ある週刊誌のトップ屋がそのことを嗅ぎつけたが、取材中にボディガード軍団に暗殺された。ところがそのことを栄光会が嗅ぎつけ、口止め料として300億円を要求した。払わない場合は、1週間に1人ずつ血祭りにあげると警告。実際にチンピラの安田が殺害された。
 ボディガード軍団は高見沢1人に栄光会全員の皆殺しを依頼。鈴木会長の55歳の誕生日パーティーで奥多摩の別荘に集まる前日に忍び込み、1日を隠れて過ごす。そしてパーティー当日、集まった鈴木会長や会員全員を機関銃等で殺害。さらにコックやウェイター、ホステスたち、管理人も殺害した。
 ボディガード軍団の駒田が運転する車に乗って逃走中、昭島市で黒人兵の乗った車が信号を無視して交差点に突入してきたため接触。さらにその車を追いかけていた警官に見咎められたため、全員を殺害。以後、要所要所で用意された車に乗り換えながら、検問所を突っ切り、警官などの追跡を振り切り、逃走。別荘以外で殺害したのは以下で、高見沢が田口元首相から請け負った事件では、もっとも死者が出たと思われる。報酬は30億円。 世界幸福協会売上金横取り
 杉原たちのアルバイト。韓国で生まれたインチキキリスト教団体、世界幸福協会の教祖天聖君がノルマとして、霊感商法による押し売りによって稼いだ約300億円を横取りする。事件を表沙汰にできないため、殺された関係者はいずれも協会の農場にある大型焼却炉に運ばれて灰となる。日本支部会計主任の吉岡を拉致し、金庫室前のガードマン6人を射殺。玄関や部屋のカギは全て大屋が外した。金庫室で吉岡にカギを開けさせた後殺害。ボディガード軍団30数名が金庫室の金を運び込んだ。奪った金は342億7850万円。高見沢の報酬は50億円。

金大統領隠し金横取り
 田口元首相が脳梗塞で倒れて廃人同様になり、娘の真理子に解散を命じられたボディガード軍団は、遊んでいても食っていける、そして田口元首相との関係があってやれなかった荒仕事をすることとした。韓国の金突貫(キムトルクン)大統領が不正蓄財した1兆円近い金のうち、金大統領が日本に借りている多摩の稲城にあった元米軍弾薬庫の敷地に隠した約1億円を強奪する。2月12日の金大統領の就任後執念記念日、韓国海兵隊上がりでベトナムでの実戦の経験がある30人の警護の殆どはドンチャン騒ぎをし、門衛の1人と金を隠している中央弾薬倉庫の2人を残して吉原に繰り出した。高見沢は3人を射殺。さらに宿舎に残っていた警護や、メイドを兼ねた慰安婦も射殺した。奪った金は1億2000万円で、高見沢の報酬は300億円。


レース関係の組織他
エアロダイナミックス・ガレージ
 PART1〜3で登場。フジスピードウェイに近いところにあるチェーン・アップ兼メインテナンス工場。高見沢のフォーミュラ・パシフィックのFP用レーシングマシンと、運搬用トランスポーターが置いてある。高見沢はFPマシンやF2マシンの組立や整備の主契約を結んでいる。代表は近田。他に7〜8人の部下がいる。

マールボロ・マクラーレン・インターナショナル
 高見沢が所属するF1チーム。工場はイングランドのサリー州ウォーキングにある。

TAG
 マクラーレンチームにポルシェ・エンジンを供給している、アラブのオイル・ダラーをバックにしたフランス籍の企業コンサルタント。正式名称はテクニカル・アヴァンギャルド。

ポルシェ
 マクラーレンチームに、TAGを通してエンジンを供給している。

ボッシュ・モトロニック
 マクラーレンチームに電子制御システムの燃料供給装置を提供している。

ミシェラン
 マクラーレンチームにタイヤを提供している。

マールボロ・インターナショナル
 当時のレートで年間30億円をマクラーレンチームに支払っている大スポンサー。「マールボロ」や「ラーク」などのタバコメーカー。

シェル石油
 マクラーレンチームの大スポンサーの一つ。ガソリン等の石油エネルギー企業。エンジン関係の経費の1/4を負担するとともに、高揮発性ガソリンの特殊燃料を製造している。


スポンサー企業
コズミック・オプチカル・ジャパン
 PART1で登場。港区南麻布に本社があるあるサングラスおよびレンズメーカー。元々高見沢の表向きのスポンサーだったが、PART1以降はメインスポンサーとなる。会社は米国資本51%、邦資49%の合弁会社。前身は眼鏡やカメラなどのレンズメーカーであった「麻布ガラス」という会社だが、15年ほど前に技術力を目に付けた米国「コズミック・オプチカル」社が実質的に吸収し、超一流高級サングラスレンズのブランクメーカーとして名を馳せるようになった。しかしレンズのブランクだけでは薄利多売なため、付帯価値が高いサングラスやシューティンググラスの完成品メーカーとしてスタートを切ろうとし、第一弾として“マジクリーン・カラー”のサングラスを売ることとなった。“マジクリーン”は“マジック”と“グリーン”の合成語で、受けた光線量によって色が変わる調光レンズを差す。30秒程度かかった従来の物と異なり、瞬間的に色がグリーンに変わる。
 モデルはアメリカフロリダ州に本社がある、世界的プラスチック・フォトクロミックレンズ(調光レンズ)メーカーのトランジション・オプティカル社と思われる。しかしトランジション・オプティカルは、サングラスの製造をしていない。
 高見沢は“マジクリーン”サングラスのイメージ・キャラクターの一人として選ばれた。初年度の契約料は3000万円。さらにチューンド・カーのテストから手を引く代わりに500万円が上乗せされた。以後、高見沢は「チーム・マジクリーン」のレーサーとして活動し、公式の場では常にマジクリーンサングラスをかけている。またヘルメットのバイザーもマジクリーン製である。
 高見沢がF2とグランチャンにステップアップした2年目は、5000万円の契約を結んだ。高見沢がF1レーサーになったときは、1億円の契約を結ぶ。

ヒースロー・インターナショナル・ジャパン
 PART1〜4で登場。英国本社から輸入しているタバコ「ヒースロー」の代理店。モデルはダンヒルか?
 FPレーサーである高見沢と契約を結ぶ。初年度の契約料は1500万円。以後、高見沢はヒースローを吸い続ける。
 高見沢がF2とグランチャンにステップアップした2年目は、2500万円の契約を結んだ。高見沢がマールボロをスポンサーとするマクラーレンチームに入ったため、以後の契約はなかった。またタバコもマールボロ・ライトに変わった。

エクザクト
 PART3で登場。コンピューターメーカー。本社は赤坂一丁目にある。宣伝担当の重役は村山。モデルはゼロックスか。
 F2参戦時の契約料は3000万円。F1参戦時は5000万円。青山のマジクリーンチーム事務所や、ロンドンの部屋には、エクザクトから提供を受けたテレックス等が置いてある。

ジャスト
 PART3で登場。時計メーカー。モデルはセイコーか。
 F2参戦時の契約料は3000万円。F1参戦時は4500万円。契約後、高見沢は常にジャストの時計をつけている。時間は正確だが、アラームの音が柔らかいのが唯一の欠点とか。

メイコン
 PART3で登場。カメラメーカー。モデルはニコンか。
 F2参戦時の契約料は3000万円。F1参戦時は4500万円。浅見はメイコンのカメラや双眼鏡を持ち歩いている。また南アフリカのフォトサファリでは、高見沢がメイコンのカメラを使用した。

カワノ
 PART4で登場。楽器メーカー。モデルはカワイか。
 F1参戦時に初めて契約。初年度は5000万円。

信天堂
 PART5で登場。ファミコンメーカー。モデルは任天堂か。
 F1参戦時に初めて契約。初年度は4000万円。

テリー・ウォーカー
 PART5から名前が登場。スコッチ・ウィスキーメーカー。モデルはジョニー・ウォーカーか。
 ブラジルGPでのF1初出場初優勝後に初めて契約。年間2億円の3年契約。以後高見沢はウィスキーやスコッチを飲むときは、テリー・ウォーカーにしている。ただし浅見は違っていた。

アラキ
 PART8〜10で登場。ヘルメットメーカー。モデルはアライか。社長は荒木龍夫。
 ブラジルGPでのF1初出場初優勝後に初めて契約。年間2億円の3年契約。以後高見沢はアラキのヘルメットを使用する。

トニー
 PART13で登場。国際的家電メーカー。モデルはソニーか。社長の森山と会長の黒田は契約およびウォークマンの新製品発表における記者会見とパーティー時に現れた。
 西ドイツGPで契約。年間5億円(税抜き)。さらにマクラーレン・チームに年間20万ドルを支払う。


暴力団組織
関西連合会
 PART2より登場。日本一のマンモス組織広域暴力団で、神戸に本拠を置く。三代目会長田島が他界し、四代目となるはずだった谷岡健二が死亡したため会長職が3年以上空席となっていたが、四代目に武山が就く。それが理由で、武山派、畠山派、中立派に分裂する。
 武山派は関西連合会最高幹部8人のうちの4人、故田島会長直系の子分である直系若衆の組長約45人、加盟団体約60、攻勢組員約5000名。
 畠山派は最高幹部4人、直系若衆の組長約35人、加盟団体約45、構成組員約6000名。
 中立派、態度保留派は約4000名。ただし武山が四代目会長に就いたことを理由に15団体約1000名は武山派に合流した。

関東連合会
 PART2より登場。組員数約7000名。田口と深い関係にある。畠山派と関係がある。

銀城会
 PART2に登場。組員数約5000名。関東では2番目の規模。武山派と仲がよく、会長尼川一望は武山の四代目襲名の後見人。

新和会
 PART2より登場。関西連合会を離脱した畠山派によって作られた組織。事務所は神戸市にあり、関西連合会の本拠地と2kmも離れていない。

西脇組
 PART2に登場。神戸に本拠地を起き、関西連合会や新和会と対立関係にある関西月曜会に属する。田口ボディガード軍団と密接な関係にある。中尾組組長屋敷襲撃のとき、高見沢を手伝った。

本田組
 PART3に登場。大阪に本拠地を起き、関西連合会や新和会と対立関係にある関西月曜会に属する。田口ボディガード軍団と密接な関係にある。関西連合会武山会長殺害の時、高見沢を手伝った。

栄光会
 PART5に登場。新宿に本拠を持つ新興暴力団。他の暴力組織とつながりを持たない。愛国団体を名乗り、何人かのブラック・ジャーナリストを雇って機関紙を出している。企業や政治家にとって都合が悪いことを嗅ぎつけると、そのことを記事にした生原稿を持って乗り込み、金を要求する。金を出さないときは、機関紙で徹底的に叩く。構成員は30人くらいだが、全員ピストルの名手。会長が持っている奥多摩の秘密射撃場で訓練し、毎月のテストで基準点に達しない場合は除名している。
 田口元首相が六本木の土地でぼろ儲けしたことやトップ屋を殺害したことを嗅ぎつけて、口止め料を要求した。そのため、田口元首相の命を受けた高見沢によって壊滅させられた。


その他の企業他
シェープアップ・プラザ
 PART1で登場。新宿副都心にあるアスレチック・クラブ。芸能人やマスコミ関係者が多いので、24時間営業。高見沢も会員である。運動のほかに、金と閑を持て余している女性が食いつく可能性を目的としている。

ロスチャイルド銀行ジャージー支店
 PART13で登場。英国領チャネル諸島にあり、タックス・ヘイブン(課税避難地)としても有名なジャージー島にある。高見沢は今までのスポンサー契約料(トニーからの5億円(そのうち5000万円は浅見にボーナスとして払った)と他の企業7億4000万円)をこの銀行に円建てで預けた。円建てで預けた理由は、将来の円高を見越したもの。税金は非常に安く、利子は年利8%で税金がかからない。高見沢は相続人としてダイアナ・スノーを指定した。浅見、ブルックもここに口座を開いた。


レース関係の登場人物(海外)
ロン・デニス
 PART4〜14に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのマネージャー兼監督。

パトリック・ルイス
 PART4〜14に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのアシスタント・マネージャー。身長190cm以上。女房はルーシー。エドモントンに自宅がある。

ジョン・バーナード
 PART4〜6に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのチーフ・デザイナー。学者のような風貌。

ライアン
 PART6に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのチーフ・メカニック。

リチャード・ウッド
 PART4に登場。マールボロ・マクラーレン・チームの弁護士。

ニキ・ラウダ
 PART4〜14に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのナンバー1ドライバー。スポンサーのマールボロとマクラーレンチームを結びつけた。オーストリア出身。税金逃れのため、スペインのイビザ島に住んでおり、レース毎に自家用ジェットを操縦して飛んでくる。飛行機狂いで、一度引退してオーストリアに航空会社(ラウダ航空)を設立したがうまくいかず、赤字を埋めるためにレースにカムバックした。

パティ・マクナリー
 PART6〜14に登場。ニキ・ラウダのマネージャーで、億万長者。

アラン・プロスト
 PART3に名前だけ登場。F1ドライバー。その後アレン・プレストという名前で、マクラーレンチームと契約を進めていたが、高見沢が入るため断られたことになっている。
 1984年以降の高見沢のレース記録は、プロストの記録を参考にしている。

アイルトン・セナ
 PART6〜14に登場。トールマン・ハートチームに所属するF1ドライバーで、高見沢と同じルーキー。「コーナーの魔術師」と呼ばれる。高見沢は、いずれ戦闘力を持ったマシンに乗ったとき自分のライバルになると予言し、実際にその通りとなる。

マンスール・オジェー
 PART6、11に登場。TAGの代表。サウジアラビア系。イスラム教徒だが酒を飲む。

ジャック・レネー
 PART6に登場。シェル石油のモーター・スポーツ担当の重役。フランス系。

ブルース・ウッド
 PART7に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのメカニック。25,6歳。ブラジルにおけるマシンテストの空いた時間、高見沢とテニスを楽しむ。しかし徹夜でエンジンのリビルトをしているとき、蚊に似た毒虫に刺され、病院に運び込まれた。後に退院する。

ダニー・エリクソン
 PART1に電話で登場。国際自動車スポーツ連盟(FISA)の会長。ホモで、高見沢との関係がかつてあった。バーニーちゃん、ヘラクレスちゃんと呼び合っている。トリック・サスペンションの使用を合法と認めさせるために、日本自動車連盟(JAF)に圧力をかけてもらった。
 後にPART9で登場。ヨーロッパで実績のない高見沢へスーパー・ライセンスを発行することに異議を申し立てていた委員を説得し、強引に推薦した。そのことを理由に、高見沢と再び関係を持つ。

バーニー・エクレストン
 PART10〜14に登場。F1製造者協会(FOCA)の会長。ブラバム・チームのオーナーでもある。

ジャン・マリー・バレストル
 PART10〜14に登場。国際自動車スポーツ連名(FISA)の委員長、後に会長。巨大な鼻を持っている。イギリスGPではルールに納得いかない高見沢に食ってかかられる。高見沢は後に謝罪文を提出する。西ドイツGP以降は、シャンペンファイトでシャンペンをかけたり、消火器で応戦されたりといったことを続ける。

ニック・スチーヴンス
 PART12に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのベテランメカニック。

ボブ・ブラウン
 PART12に登場。マールボロ・マクラーレン・チームのメカニック。

ジェームズ・ゴールドスミス
 PART13に登場。シェル石油のオーナーであるロスチャイルド家のロンドン当主。ユダヤ系。ボッシュ社、ミシュランもロスチャイルド家の持ち物。さらにブルックが所属しているメトロ・ゴールドウィング・マイヤー映画の筆頭株主。欧米、南アフリカ、香港の銀行や大企業の殆どはロスチャイルド=ロチルド=ロートシルト家によって握られているか、息がかかっている。
 イギリスGPで顔を出す。ブルックの映画のギャラを三倍にするよう交渉することを約束し、さらに高見沢が競り合いになったときはニキに順位を譲るという契約を破棄させた。秘書の名はジェイコブ・サイモンズ。

エルンスト・バッケンザウアー
 PART13に登場。メルセデス・ベンツ本社の広報部次長。茶色の髪と灰色の瞳を持つ背の高い40男。西ドイツGPでフランクフルト国際空港からホッケンハイム・サーキットまでの足や、サーキットでのスポーツ走行時の車としてベンツ190-3.5Lツインターボを提供してくれる。代わりに高見沢や、高見沢とブルックが乗っているところの写真を撮影する。
 PART14でも登場。西ドイツ、ニュルブルクリンク・サーキットで行われるF1ヨーロッパGPにおけるスポーツ走行時の車としてベンツ190-3.5Lツインターボを提供してくれる。ギャラとして高見沢に20万ドルを支払う。

ペーター・オレンブルグ
 PART13に登場。メルセデス・ベンツ・オーストリアの広報部長。オーストリアGPのサーキットにおけるスポーツ走行時の車としてベンツ190-3.5Lツインターボを提供してくれる。代わりに高見沢や、高見沢とブルックが乗っているところの写真を撮影する。

アンドレ・グロックバンク
 PART14に登場。メルセデス・ベンツ・グロッグバンクの広報部長。オランダGPのサーキットにおけるスポーツ走行時の車としてベンツ190-3.5Lツインターボを提供してくれる。代わりに高見沢や、高見沢とブルックが乗っているところの写真を撮影する。

マリオ・サンディーニ
 PART14に登場。メルセデス・ベンツ・イタリアの広報部長。イタリアGPのサーキットにおけるスポーツ走行時の車としてベンツ190-3.5Lツインターボを提供してくれる。代わりに高見沢や、高見沢とブルックが乗っているところの写真を撮影する。ギャラとして高見沢に20万ドル、ブルックに10万ドルを支払う。

アントニオ・カミロ
 PART14に登場。メルセデス・ベンツ・ポルトガルの広報部長。ポルトガルGPのサーキットにおけるスポーツ走行時の車としてベンツ190-3.5Lツインターボを提供してくれる。代わりに高見沢や、高見沢とブルックが乗っているところの写真を撮影する。ギャラとして高見沢に20万ドルを支払う。


レースや車関係の登場人物(国内)
冬木
 PART1に登場。チェーンド・カー雑誌「レッド・ゾーン」の編集者。コールマン髭を生やした小太りの男。“お化け車”10台のテスト・ドライバーを予定していた西木玄がキャンセルしたため、谷田部テスト・コースでのテスト・ドライバーとして高見沢に3台分30万円でオファーを出した。

元井
 PART1に登場。チェーンド・カー雑誌「レッド・ゾーン」の編集者。高見沢が谷田部で「レッド・ゾーン」誌における“お化け車”テストでクラッシュしたとき、助けもせずに写真を撮りまくった。

西木玄
 PART1に名前だけ登場。現役から引退したレーシングドライバー。元日産ファクトリー・チームのエースの一人で、数々の国内G・Pレースを制したことがある。コーナリング・ワークは凄まじく、それに魅せられたことが、高見沢がモーター・スポーツ界に足を踏み入れた動機の一つである。「レッド・ゾーン」の依頼で“お化け車”10台のテスト・ドライバーを予定していたが、5日ほど前に「ホット・チューン」誌における“お化け車”テスト試乗で軽い事故にあった後、今後はチューンド・カーの仕事はしないと発言して、以後の仕事をキャンセルした。モデルは北野元か?

平沢安夫
 PART1に登場。現役から引退したレーシングドライバー。枯れた風貌。愛称「やっちゃん」。愛車はアウディ・クワトロ。高見沢とともに「レッド・ゾーン」にテストドライバーのオファーを受け、谷田部テスト・コースで“お化け車”のテストを行う。BMW-1M1のチェーンド・カーで362.75km/hの最高速度を記録した。

森田健一
 PART1に登場。「レッド・ゾーン」専属のテスト・ドライバー兼ライター。ツーリング・カー・レースにも出ている。鷲のような顔。あだ名は「カミカゼ」「恐怖欠乏男」。大クラッシュをさんざん味わったが、いずれもかすり傷程度で済んでいる。高見沢、平沢とともに谷田部テスト・コースで“お化け車”のテストを行う。

門田
 PART1に登場。ラルトのシャーシーとボディの輸入商社であるシルバーストン商事の社長。眼鏡をかけた小太りの50男。女言葉を使う。若い秘書とはホモ関係にあるとの噂がある。

近田
 PART1〜2に登場。エアロダイナミックス・ガレージの経営者兼チーフ・メカニック。42,3歳で口ひげを蓄えている。高見沢のFPマシン、F2マシン、グランチャンマシンの組立を行った。

田村
 PART2〜3に登場。高見沢のFPマシン、F2マシンにおけるチーフメカニック。

寺岡
 PART2に登場。FPレースではピット・サイン係を兼ねている高見沢のメカニック。

三木
 PART2に登場。FPレースでは高見沢のメカニックでは一番若い。

武田
 PART2に登場。FPレースでは高見沢のメカニック。

島田
 PART3に登場。F2レースでは高見沢のメカニック。

松岡
 PART1〜2に登場。松岡エンジニアリングの社長。F2用BMWエンジンのチェーンにかけては日本屈指といわれているチューナー。工場は厚木の工場団地の中にある。42,3歳の、削いだような頬を薄い唇を持ち、クルー・カットをしている。

安部
 PART1に登場。トーキョー・タイアの製品開発本部部長。大柄で肥満体の50男。新マシンを購入した高見沢を、FPレース用タイアのテストドライバーとして起用。報酬は1日30万円。

石井
 PART1〜2に登場。トーキョー・タイアのモーター・スポーツ開発グループ主査。30半ばで痩身。FPレースで高見沢に負け続けて悩む高木を見かね、高見沢がF2に進出したときにバックアップする事を条件に勝ちを譲るよう提案したが、断られている。

竹田
 PART2に登場。ブリヂストン・タイアのタイア製品開発本部長。年齢は52,3。高見沢にトーキョー・タイアからの鞍替えを薦め、契約する。レース用タイアの開発テストのみ参加の条件で、契約料は年間1000万円。

吉村
 PART2〜3に登場。ブリヂストン・タイアのモーター・スポーツ開発グループ主査。長身で肥っている。

高木
 PART1〜4に登場。トーキョー・タイアの専属ドライバーでありエース。25,6歳。レース用タイアだけではなく、市販高性能タイアの開発にも取り組むほど、トーキョー・タイアに貢献した。1982年のFPレースでは、同僚である高見沢に負け続け悩む。

高崎
 PART1〜4に登場。トーキョー・タイアの専属ドライバーであるベテランF2レーシング・ドライバー。
 モデルは高橋健二と思われる。

保志田
 PART1〜4に登場。レーシング・ドライバーで、ブリヂストン・タイア兼日産ファクトリーのエース。1982年はF2レースやFPレースに参加。FPレースの総合成績は3位。グランチャンではBMWエンジンを使用し、シリーズチャンピョンシップを獲得した。
 F2マシンはマーチ832、エンジンはBMW。
 モデルは星野一義と思われる。

松崎
 PART2〜3に登場。レーシング・ドライバー。FPレースではダンロップを履いていたが、高見沢とともにブリヂストン・タイアに乗り替えた。180cmを超える長身。F2マシンはマーチ832、エンジンはBMW。
 モデルは松本恵二と思われる。松本は1983年にブリジストンタイアを履いて、グランチャンでシリーズチャンピョンシップを獲得している。

長井
 PART2に登場。レーシング・ドライバー。FPレースではダンロップを履いている。

中川悟一
 PART2〜4に登場。レーシング・ドライバー。1982年ではチーム・ヨシザワに所属。1983年はホイールと排気パイプのメーカーがやっているパンサー・レーシング・チームに移籍。
 1983年には、2チームにしか放出しなかった大パワーかつ中低速トルクがあるホンダV6RA263-Eエンジン(最高330馬力以上)を使用。タイヤはブリヂストン。F2マシンはマーチ822。ただしグランチャンではBMWエンジンを使用している。
 モデルは中嶋悟と思われる。チーム・ヨシザワのオーナーである吉沢のモデルは生沢徹と思われる。

原田
 PART2に登場。高見沢と同じFPレーシング・ドライバー。繁盛している歯科医の息子で、かつ歯医者の卵。高見沢とともにF2とグランチャンにステップアップする。グランチャンで使用するために、高見沢がFPレースで使用したラルトRT4改のシャーシーを370万円で買い取る。

河内
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。本業は歯科医院チェーンのオーナー医師。レースの成績は今ひとつだが、スポンサーに恵まれている。そのうちの一つはガム会社。マーチ832の日本上陸第一号車に乗る。しかしF2レースでは最下位とか、周回遅れにされたといった記載が多い。

ジョフ・リーチ
 PART3〜4に登場。F2レーシング・ドライバー。元ヨーロッパF2チャンピョンのテクニシャン。スピリット・ホンダに所属。ホンダエンジンとダンロップタイアを使用。
 モデルはジェフ・リースと思われる。

藤村
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。ダンロップタイアを使用。

高岡哲
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバーで、高見沢と同じくルーキー。トーキョー・タイアを使用。初めてであるスズカでの第一戦では3位入賞。以後もトップクラスで活躍。グランチャン最終戦の富士スピードウェイで、最終コーナーでスピンし、コンクリート壁に激突して死亡。観客の女性も死亡した。
 モデルは高橋徹と思われる。高橋は1983年のF2第一戦では2位に入賞。国内トップ・フォーミュラにおける新人のデビュー戦最高成績を挙げた。しかしグランチャン最終戦で高岡同様、事故死した。

萩野
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。ブリヂストン・タイアを使用。

山中
 PART3に登場。二線級のF2レーシング・ドライバー。ダンロップタイアを使用。

頼近
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。ダンロップタイアとロータリーエンジンを使用。

長島
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。ロータリーエンジンを使用。

氷川
 PART3に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。

黒沼
 PART3に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。

内山
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。

片岡
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。ロータリーエンジン使いのベテラン。

江藤
 PART3に登場。レーシング・ドライバー。グランチャン第二戦前の自主走行時、二五〇Rの高速コーナーで事故により死亡。

内村
 PART3に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。


 PART3に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。

和歌山
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。トーキョー・タイアを使用。

大川
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。トヨタエンジンを使用。

浅利
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。

鈴本
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。

佐藤
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。

小島
 PART3に登場。F2レーシング・ドライバー。

岡田
 PART4に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。

中井
 PART4に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。

蓮見
 PART4に登場。レーシング・ドライバー。グランチャンに出場。

田島
 PART5に登場。隔週刊誌『モト・スポーツ』誌の編集長。F1レーサーになった高見沢へインタビューをする。他に副編集長の大岡、編集部員の佐野と吉川、カメラマンの本田が立ち会った。

清水
 PART10に登場。隔週刊誌『モト・スポーツ』誌の特派記者。南アフリカでのマシンテスト時、顔なじみである高見沢を取材する。


狩猟関係の登場人物
栗林
 PART2に登場。山北丹沢でイノシシ猟を行う栗林グループのリーダー。丹沢湖畔でドライブインを経営している。猟用に5頭の紀州犬を飼っており、高見沢は時々生肉を与えてご機嫌を窺っている。年齢は50代で、小柄だががっしりとした体格。グループは約20人。判明しているのは勢子でドライブイン従業員の尾川、ハンターの南田、山崎、丸山。
 高見沢は足腰の鍛錬を兼ねて参加しており、イノシシを脅す勢子を担当している。

船宿の主人
 PART2に登場。名前は不明。千葉港に注ぐ都川の河口にある船宿「網善」の主人。釣り人やカモ射ちのハンターが主な客。

三郎
 PART2に登場。名字は不明。船宿「網善」主人の三男。30歳前だが、カモ猟にかけてはベテラン。

ユージン・ロスマン
 PART4,6,7,10に登場。アメリカ合衆国シカゴにある、世界猟のブッキング・エージェント、アドヴェンチュアー・アウトフィッターズのボス。東欧からの移民。妻はエリザベス。秘書はイーデス。南アフリカ以後の高見沢が出かけた猟は全てブッキングした。

ピーター・ジョンソン
 PART4に登場。ニムロッド・サファリのボスで、メイン・ハンティング・ガイド。50歳ぐらいの大男。SCIの公式計測員の一人。

ジャック・マッカレー
 PART4に登場。引退したプロフェッショナル・ハンター。ニムロッド・サファリで客の送迎係や物資の輸送係をしている。70歳を超えた白人。

ドン・フレーザー
 PART4に登場。ニムロッド・サファリのアシスタント・ハンティング・ガイド。

ジョー
 PART4に登場。ニムロッド・サファリの黒人ウェイター。坊主頭。

ホーク
 PART4に登場。ニムロッド・サファリの黒人トラッカー。視力は人間離れしている。40歳くらいだが、6人の女房を持っている。

バート・スティーヴンス
 PART4〜5に登場。サザン・サファリのジェネラル・マネージャー。SCIの公式計測員の一人。小柄だが洒落ものの白人。

チャールズ・ジェンキンス
 PART4に登場。サザン・サファリの会計主任。

スティーヴ・デレクソン
 PART4に登場。サザン・サファリのヨハネスブルグ出張所にいる職員。40過ぎ。

ジョージ・ナイト
 PART4〜5に登場。サザン・サファリに所属するプロフェッショナル・ハンター。中肉中背で40歳過ぎ。離婚経験者で、エレーンという恋人がいる。レコードブレーカーの獲物を捕らせてくれたお礼として、高見沢から1000ドルをプレゼントされる。

イーグル
 PART4〜5に登場。サザン・サファリのチーフ・トラッカー。身長160cm未満で、黄褐色の肌を持つ。視力が鋭い。

コーン
 PART4〜5に登場。サザン・サファリのサブ・トラッカー。身長180cm程度で、暗褐色の肌を持つ。

ロン・ミラー
 PART5に登場。剥製屋サザン・タキシダミーの経営者。店はマウン空港の近くにあるが、剥製工場は郊外の林の中にある。サザン・サファリで獲ったの剥製を制作する。45,6歳くらい。妻はキャロリン、息子はマーク。

ケニー
 PART5に登場。サザン・サファリのカラハリ、ウンガジ・キャンプの給仕。40歳くらいで英語が達者。女房が4人いる。

ラヴサンダッシュ
 PART6に登場。ジュールチンの事務局長。恰幅のいい初老の男。

ハンガイ
 PART6に登場。ジュールチンの狩猟部の通訳(インタープリター)。50歳近い、猜疑心に満ちたような目つきをした小柄な男。モンゴル人民共和国からの監視役でもある。妻はオペラ歌手、娘はピアニスト、息子は俳優。モンゴーリア猟に同行する。
 アル中で、高見沢に断らずにアルヒ(モンゴル産の焼酎)を朝から飲みまくる。またタバコも勝手に吸いまくる。

オンゴル
 PART6に登場。ジュールチンの狩猟部のアシスタント通訳。小太りの若者。ウラーン・バートル大学英語科4年生。モンゴル人民共和国からの監視役でもあり、ホテルから出て散歩をし、住民を撮影しようとした高見沢を叱責した。モンゴーリア猟に同行する。

ヴォルガ
 PART6に登場。モンゴーリア猟でウラーン・バートル国際空港からホテルまで高見沢とオンゴルを送った運転手。

エルギナ
 PART6に登場。モンゴーリアのアルタイ猟での運転手。44,5歳ぐらいで、人のよさそうな顔つきをしている。ヘビースモーカー。

ハルヒー
 PART6に登場。モンゴーリアのアルタイ猟におけるキャンプ・マネージャー。長身で初老の男。

シャグダル
 PART6に登場。モンゴーリアのアルタイ猟におけるローカル・ハンター(ハンティング・ガイド)。小柄な初老の男。

パンディ
 PART6に登場。モンゴーリアのアルタイ猟におけるアシスタント・ハンティング・ガイド。頬骨が異様に出っ張っている若い男。

ダッシ
 PART6に登場。モンゴーリアのアルタイ猟における馬丁(ラングラー)。ハンサムな30男。

岡崎
 PART7に登場。杉並の永福時の近くにある新日本剥製社の店主。浅黒く精悍な50男。SCIの公式計測員(オフィシャル・スコアラー)。世界中をハンティングしてきた。デンヴァーのジョナス・ブラザースのところで修行をしたことがある。高見沢は、モンゴーリアのアルタイ猟で獲った獲物を計測してもらうとともに、剥製を依頼した。

ジョニー・コーガン
 PART8に登場。アドヴェンチュアー・アウトフィッターズと業務提携しているロンドンの旅行代理店、キリガン・スペッシャル・トラヴェル・サービス社のトップ。会社はロンドンのマープル・アーチにある。キャナディアン・ロッキーに出かける高見沢のために、航空券等を手配した。

ジェリー・ゲート
 PART8〜9に登場。プロフェット・アウトフィッターズの主。冬も奥地にとどまり毛皮獣の罠猟をやって過ごしている。44,5歳ぐらい。中背で肥っている。穴ごもり熊猟に参加した。

ハリソン・ゲート
 PART8に登場。プロフェット・アウトフィッターズで事務関係の仕事を担当。若い頃はハンティングの仕事をしていた。64,5歳。

リンダ・ゲート
 PART8〜9に登場。ジェリーの妻。料理を担当。。

ジミー・ゲート
 PART8〜9に登場。ジェリーの息子。6フィートの長身で痩せている。プロフェット・アウトフィッターズのハンティング・ガイド。22歳くらいと若いがベテラン。

ディック・ヴィッカース
 PART8〜9に登場。24,5歳くらい。プロフェット・アウトフィッターズのハンティング・ガイド。大食漢。

ジャック・ルブラン
 PART8に登場。40歳くらいの大男。プロフェット・アウトフィッターズの穴ごもり熊猟ガイド。

レッド・ノーズ
 PART8に登場。40歳くらいの小柄な男。プロフェット・アウトフィッターズのインディアン馬丁(ラングラー)の1人。名前の通り鼻が赤い。

ファッティ
 PART8に登場。プロフェット・アウトフィッターズのインディアン馬丁(ラングラー)の1人。名前の通り肥っている。

スキニー
 PART8〜9に登場。プロフェット・アウトフィッターズのインディアン馬丁(ラングラー)の1人。痩せて小柄。

ストーン・フェイス
 PART9に登場。プロフェット・アウトフィッターズのインディアンのフォアマン。

スチーブ・マーレー
 PART11に登場。クルーガー・ナショナル・パークのゲーム・レインジャー。35,6歳くらいの中肉中背。高見沢たちを案内する。

マイク・ニコルソン
 PART11に登場。クルーガー・ナショナル・パークのゲーム・ウォーデン。キャンプ場で見える泉に夜集まってくる動物たちの説明を担当する。

ニック・スミス
 PART11に登場。クルーガー・ナショナル・パークのゲーム・レインジャー。高見沢たちの先客を案内していた。

ロン・マッコイ
 PART11に登場。ニュージーランド、アッシリア・ステーションのハンティング・ガイド。30歳代の中肉中背。レコードブレーカーの獲物を捕らせてくれたお礼として、高見沢から5000ドルをプレゼントされる。

スチーブ・マッコイ
 PART11に登場。ニュージーランド、アッシリア・ステーションの運送担当。ロンの弟。

ゲイリー・レヴィンズ
 PART11に登場。ニュージーランドの剥製屋。35,6歳くらいのユダヤ系。ニュージーランド猟における高見沢の獲物の剥製を作る。

ロバート・E・スチーヴンス
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”の船長(スキッパー)兼プロフェッショナル・フィッシング・ガイド。髭を生やした大男。40歳ぐらい。
 マーメイド号は全長54フィート(18m)。400馬力のマリーンエンジンを3台積んでいる。操縦装置は高いブリッヂの最上部、その上の見張り櫓、釣り用コックピットの3ヶ所にある。甲後甲板にファイティング・チェイアと補助椅子が用意されている。500海里(約1000km)以上を無給油で航行できるだけの燃料を積むことができる。また水や食料などは8名の乗員を2週間養えるだけ運ぶことができる。

レックス
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”のチーフクルー。見張り櫓にいて、魚の位置を知らせる。

ロン
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”の第二クルー。椅子の調整をしたり、高見沢の補助をしたりした。

ジャック
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”の第三クルー。

ビル
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”の第四クルー。

グレッグ
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”の第五クルー。

ケン
 PART12〜13に登場。スポーツ・トローリング・ボート“マーメイド号”の第六クルー。


高見沢と関係を結ぶ女性
亜也子
 PART1〜4に登場。高見沢に群がるパドック・ガールの中では一番美人でピチピチした肢体を持つリーダー格。20歳前だが、友人とアクセサリーの店を共同経営している。
 亜也子、美子、聖子、信子の4人は、高見沢と浅見を交え、レースの終了毎に乱交パーティーを開いていた。

美子
 PART2〜4に登場。高見沢に群がるパドック・ガールの一人。大柄なグラマー。

聖子
 PART2〜4に登場。高見沢に群がるパドック・ガールの一人。小柄でスリム。

信子
 PART2〜4に登場。高見沢に群がるパドック・ガールの一人。イングランド系白人とのハーフ。

シンディ
 PART4〜5に登場。南アフリカ共和国にF1観戦へ行ったときに高見沢が買った女。ワン・ショット30ドル、オールナイト50ドル。20歳ぐらいで、身長は170cmぐらい。イギリス系とドイツ系の混血らしい。ハニーブロンドで、グリーンの瞳を持つ。サザン・サファリからの帰り道で再び遭遇、一夜を過ごす。

キャッシー
 PART4に登場。マクラーレンチームでのテスト中、ディスコ「サタディ・ナイト」で知り合った女性。ハイティーンで、銀色がかったブロンドの髪と、目が覚めるようなブルーの瞳を持っている。ボンド・ストリートの宝石店で働いている。

アイリーン
 PART4に登場。マクラーレンチームとの契約時、ディスコ「サタディ・ナイト」で知り合ったブルーネットの娘。

リズ
 PART4〜5に登場。サザン・サファリでオカヴァンゴからカラハリへ移動する途中、マナンのバンガロー・ホテルで出会った女。30歳過ぎ。暗い雰囲気だが美貌、スタイルもいい。3ヶ月前にシティで証券ブローカーをしていた夫を亡くし、世界中を旅している。夫のものだった5カラットのダイヤの指輪を高見沢に渡す。

アンリエッタ
 PART6に登場。フランス、ディジョン・ブレノアで行ったマシンテストの一昨日、パリのホテルで買った娼婦。ワン・ショット50ドル。ブロンドの髪とグリーンの瞳を持つ。経験は浅いらしい。

セーラ・ファーガソン
 PART6に登場。パティ・マクナリーの恋人。赤みがかった長いブロンドと、いたずらっぽい目と口許を持っている。後に英国王室アンドリュー王子の妻となる。愛の証として、先祖から受け継いだダイアをブリリアン・カットに再カットした10カラット以上のダイアを高見沢に渡す。

イリーナ
 PART6に登場。モンゴーリア猟へ向かう途中に経由したモスクワで買った女。目が覚めるような美貌と抜群のスタイルを持った、プラチナブロンドの娘。モスクワ大学で美術史を勉強している。英語が上手。一晩100ドル。猟から帰ってホテルに泊まった高見沢と接触し、一晩を過ごす。

ソーニア・ロマノヴァ
 PART6に登場。モンゴーリア猟から帰る途中のウラーン・バートルのホテルで、季節外れのシベリア観光団にいた絶世の美女。亜麻色というべきハニー・ブロンドの髪までかかる髪と、すみれ色の瞳を持つ。スタイルも抜群。20歳くらい。ノヴォシピルスク大学外国文学部英文科の学生。高見沢が初めての男性。

アンジェラ・ビアンコ
 PART7〜8に登場。ブラジル、リオデジャネイロのマシンテストにおいてマールボロ・ガールズに選ばれた1人。165cm、52kg。3サイズは88-57-85。リオ医大の3年生。黒髪とチョコレート色の肌。目はブルー。色情狂の気があり、毎日高見沢にファックを求める。PART10にも、F1第一戦ブラジルGPのマールボロ・ガールズとして登場する。

ヴェロニカ・ロハス
 PART7に登場。アンジェラのルームメイトで同級生。髪は黒褐色で肌は白く黒色の目。アンジェラ、高見沢とともに楽しむ。PART10にも登場する。

カレン・ロゴフスキ
 PART8〜9に登場。プロフェット・アウトフィッターズの家事手伝い。ポーランド系。ハニーブロンドの髪で、瞳は暗いグリーン。エキゾチックな美貌と抜群のスタイルの持ち主。猟の間で高見沢と関係を持つ。高見沢に連れていってほしいと頼んだが断られる。

フランソワーズ・リンド
 PART9に登場。南フランス、ポール・リカール・サーキットのマシンテストにおいてマールボロ・ガールズに選ばれた1人。18歳。栗色の髪とブドー色の瞳を持つマルセイユ大学の英文科生。高見沢、ドミニックと夜を過ごす。

ドミニック・モロー
 PART9に登場。南フランス、ポール・リカール・サーキットのマシンテストにおいてマールボロ・ガールズに選ばれた1人。体つきはほっそりとしているが、スタイルは抜群。プラチナブロンドの髪とブルー・グレーの瞳を持つマルセイユ大学の英文科生。高見沢が初めての男性。

エレーン・マクダネル
 PART9〜11に登場。南アフリカ、キャラミでのマシンテストにおいてマールボロ・ガールズに選ばれた1人。その後の南アフリカGPでも登場する。18歳。プラチナブロンドの髪とエキゾチックな高い頬、青灰色の瞳を持っている。背丈は5feet5inch。ヨハネスの大学でコンピュータを専攻している。

ジェーン・ミランダ
 PART9〜11に登場。南アフリカ、キャラミでのマシンテストにおいてマールボロ・ガールズに選ばれた1人。その後の南アフリカGPでも登場する。20歳。5feet9inchの長身。ブルーネットの髪とエメラルドグリーンの瞳を持っている。プロのモデル。

アン
 PART10に登場。南アフリカ、キャラミでのマシンテストにおける高見沢のグルーピーの1人。ブラウンの髪と黒い瞳の持ち主。エレーン、ジェーンたちとともに高見沢と交わる。

キャスリーン
 PART10に登場。南アフリカ、キャラミでのマシンテストにおける高見沢のグルーピーの1人。エレーン、ジェーンたちとともに高見沢と交わる。途中で姿を消しているが、理由は不明(さすがに1晩で5人は多いと思ったのか?)。その後、マールボロ・ガールズとして同名の娘が登場する(このあたりは色々と混同しているのか?)。

ダイアナ
 PART10に登場。南アフリカ、キャラミでのマシンテストにおける高見沢のグルーピーの1人。エレーン、ジェーンたちとともに高見沢と交わる。

マルガリータ・リオハ
 PART10に登場。F1第一戦ブラジルGPにおける高見沢のグルーピーの1人。アンジェラたちのしつこさに辟易していたため、代わりにこの娘と関係を結ぶ。18,9歳で、スタイルは抜群。ハニー・ブロンドの髪と空色の瞳を持つ。高見沢が初めての男性。

ブリジット・サンダ
 PART11に登場。ベルギー、ゾルダー・サーキットにおけるマシンテストにおいてマールボロ・ガールズに選ばれた1人。その後のベルギーGPでも登場する。19歳、ダーク・ブロンドの髪とエメラルド・グリーンの瞳を持っている。身長165cm、体重48kg、バスト89cm。ブリュッセル大学でコンピューター理論を学んでいる。

ステラ・パガーニ
 PART11に登場。サン・マリノGPでマールボロ・ガールズに選ばれた1人。21歳、黒い髪とグリーンの瞳、卵形の顔を持っている。身長168cm、体重48kg、バスト88cm。商社のタイピスト。

モニカ・フィリップ
 PART12に登場。フランスGPでマールボロ・ガールズに選ばれた1人。19歳、小柄だが要所は十分発達している。貿易会社のOL。

ジャクリーヌ・ジョゼ
 PART12に登場。モナコGPでマールボロ・ガールズに選ばれた1人。21歳、身長170cm、バスト95cm。栗色の髪と青灰色の瞳を持つ。ニース大学で政治学を学んでいる。

ミレーヌ・エスノー
 PART12に登場。カナダGPでマールボロ・ガールズに選ばれた1人。21歳、プラチナ・ブロンドの髪とエメラルド・グリーンの瞳を持っている。モントリオール大学で英文学を学んでいる。

ダイアナ・スノー
 PART12〜13に登場。ハリウッドの映画スター。カナダGP終了後、ブリティッシュ・コロンビア州でハンティング・ライセンスを購入した帰りのバンクーバー空港で高見沢と遭遇し、ムスクワ地区にある山荘に招待して関係を結ぶ。以後は高見沢と同行する。映画「真夜中の暗殺者」の撮影が終了したばかりであった。ガン・コレクターで、ハンティングも趣味。映画のキャンペーンのため、ダラスGP終了後に別れる。
 1987年、高見沢と結婚し、以後2人の男の子を産んだ。

ブルック・ウォーラス
 PART13〜14に登場。ハリウッドの映画スター。大柄でブロンド。栗色で太いが形のよい眉、ダーク・グリーンの瞳、肉感的だが形のよい唇。エリザベス・テイラーに次ぐ美女といわれている。所属しているハーバード大学英文学部の卒論テーマである19世紀ロンドン下町の方言を調べるため、夏休みを利用してロンドンに来て調べていた。ダラスGP終了後、高見沢のマンションの前で出会い、日本料理屋に案内してもらい、そのまま関係を結ぶ。以後は高見沢と同行する。高見沢が初めての男性。独占欲が強く、かなり嫉妬深い。
 夏休みが終わったため、イタリアGP終了後、数日して別れた。

エリーゼ・ホネッカー
 PART14に登場。ヨーロッパGPでマールボロ・ガールズに選ばれた1人。170cm、92-48-90。プラチナ・ブロンドの髪とブルーの瞳を持っている。ケルン大学の法学部国際法学科の学生。趣味はハンティング。高見沢が初めての男性。

イザベラ・ヨハネス
 PART14に登場。ポルトガルGPでマールボロ・ガールズに選ばれた1人。160cm、95-48-90。栗色の髪とハシバミ色の瞳を持っている。ベビーフェイス。リスボン大学の建築学部2年生。高見沢が初めての男性。


高見沢のスポンサー女性
野村雪子
 PART1に登場。都銀で中位にランクされている関越銀行の頭取の後妻。44,5歳。小肥り。情事後に金を渡した描写はないが、高見沢が「ラルトRT4のシャーシーとボディが欲しい」とつぶやいたのを聞いて、400万円を用立てする。

中根崎恵子
 PART1に登場。保守党総裁で日本の首相である中根崎宏の妻。警備の目を逃れることができないため高見沢に会うことができない代わりに、ラブレターを送っている。2年ほど前、中根崎がまだ通産大臣をしていたころに知り合った。約50歳。旧華族出身で、残りの色香が失せていない。綾小路由香を通して知り合った。野性的な男が好み。高見沢と寝た後は、中根崎や政界の秘密を喋っている。自由になる金は殆どないため、品物を持ってくることが多い。PART1では、韓国の金大統領が持ち出しを許可した、翡翠でできている古代の人形を渡している。PART2では、タイ首相からプレゼントされた、15世紀頃に作られた高さ20cmぐらいの純金の仏像を渡している。またボーナスをもらった時は100万円を手渡している。
 PART2で夫である中根崎首相に高見沢との関係が知られることとなり、以後は登場しなくなった。

綾小路由香
 PART1に名前だけ登場。パリにオートクチュールの本店を持つ国際的デザイナー。

美貴川信代
 PART1に登場。新興宗教団体WL(ウーマン・リバティ)教団の教祖で、日本ウーマンリブの代表。公称信者数は二十万人、実際も十万人ほど。五十代で鮫肌と金壺眼。カニによく似たご面相。痩せてはいるが背は高い。高見沢との秘密の逢い引きをするために、調布市にあるマンションの7階全フロアを買い占めた。高見沢はWL教団機関誌の編集局員ということになっている。秘書は30歳過ぎの田代綾子。PART1では300万円の小遣い。PART4では500万円の小遣い。PART7では2000万円の小遣いを渡している(このころは既に田口元首相の仕事で金を腐るほど持っているはずなのだが……)。

高野忍
 PART1〜3、5に登場。外務大臣であり、高野派のトップである高野の妻。大手の茶道の家元の娘であるため、小遣いはたっぷり持っている。高見沢にはだいたい1回50〜100万円の小遣いはを渡している。政界の秘密や裏話を漏らすことが多い。偽名は佐藤正子。和服姿でいることが多い。

平田久枝
 PART1に登場。首都圏を含めて200を超える寿司屋のチェーン店を持つ実業家。白豚のような50女。高見沢に対しては気前がいい。ラルトを買うのに借金をした高見沢に1000万円を出した。

佐田良江
 PART2に登場。中堅サラ金会社のオーナー。酒豪であり、高見沢にも酒を無理強いする。60歳近く、皺だらけのオカメ面。背は低いが、体重は70kg近い。小遣いは300万円。

安西和歌子
 PART2に登場。華道の風月流の家元。30歳代だが、父の急死により跡目を継いだ。父親が結婚を許さなかったため、独身。小遣いは100万円。

佐々間順子
 PART2に登場。パチンコ屋の景品買いの元締め会社を経営している。50歳ぐらいの肥満体。小遣いは100万円。

大沼真理子
 PART2に登場。成城五丁目にオープンした自動車用品店で開かれた高見沢のサイン買いに訪れた客。37,8歳でまあまあの美人。主人はゴルフ場を5つ経営し、会員権の乱発で荒稼ぎしている。小遣いは100万円。

石川理恵
 PART3に登場。貞淑な若妻役を得意とする、27歳の美人映画スター。政治家松沢一成の世話を受けている。小遣いは30万円。

真野千景
 PART3に登場。気怠げなムードで大人気を博し、艶歌の新女王と呼ばれる。本名松本順子。25,6歳で美貌の持ち主。銀座でのカー用品コーナーでのサイン会に登場し、高見沢を誘う。小遣いは100万円。

浜田亜理沙
 PART5に登場。外資系証券会社のファンド・マネージャー。年間10億円の手数料を会社にもたらし、年俸3億円を得ている。40歳過ぎの独身。英国人の母と日本人の父との間に生まれた。ハーバード大学出身。小遣いは500万円。

八木陽子
 PART5に登場。不倫の若妻役などで活躍する女優。情熱的な美貌と申し分のないスタイルを持っている。『週刊潮流』における対談で知り合う。レース費用の足しにと300万円を手渡す。PART7にも登場し、1983年の大晦日から正月にかけていっしょに過ごす。

女医
 PART2に名前だけ(職名だけ?)登場。数々の抗生物質や注射器を高見沢に渡す。

パチンコの景品買いチェーン店のオーナー
 PART2に名前だけ(職名だけ?)登場。佐々間順子とは別人と思われる。報酬は200万円。

その他(名前不明)
 PART1に登場。眼鏡チェーン店のオーナー、地方銀行のオーナー兼頭取、宝石チェーン店のオーナー、著名ファッションデザイナー、眼鏡の曇り取りスプレー会社の会長。いずれもマジクリーン発表パーティーで知り合った女たち。合計現金700万円と、500万円相当のダイヤが報酬。

その他(名前不明)
 PART5に登場。ソープランドチェーンのオーナー、居酒屋チェーンのオーナー、ギョーザ屋チェーンのオーナー、持ち帰り寿司チェーンのオーナー、ウドン屋チェーンのオーナーなど。報酬は合計数千万円。


田口のボディガード軍団
杉原
 PART1に名前が登場。実質登場はPART2〜3、5、7、9。田口のボディガード頭。年齢は45,6歳。中背だが盛り上がった肩に猪首が埋もれているような体格。ブルドッグそっくりの顔つき。サディストで覚醒剤中毒。情婦は清水泰子といい、カラオケスナックのマダム。WL教団の信者である。
 中根崎恵子が中村殺しのことを高見沢に話し、さらに高見沢がテープに録音したことを知ったため、録音テープを奪うために高見沢を拷問する。さらに高見沢が元軍人であったという過去を知り、関西連合会の狙いを田口たちから新和会の方へ向けさせるべく、また後に田口の政敵等を消すための傭兵・暗殺者として高見沢を高報酬で強制的に依頼するようになる。
 高見沢との電話連絡では、松下という偽名を使っている。
 後に別作品『凶獣の罠』でも登場し、高見沢と接触する。

西野
 PART2に登場。35,6歳。ウェルター級のボクサーのような体格で、顔は狐に似ている。高見沢を拷問したとき、ポータブル酸素アセチレントーチを使用した。

大屋
 PART2に名前が登場。PART3の松沢殺害で登場。元は金庫破りが本職で、どんなカギでも開けることから徒名は『錠前屋』。50歳ぐらいで、半白の髪を長く延ばした画家のような痩身の男。血を見るのが大嫌い。PART7でも登場。ボーナスとして5000万円をもらう。PART9にも登場する。

古川
 PART2に名前のみ登場。他人の筆跡を真似するのが得意で、徒名は『代書屋』。中川の偽装自殺では、ニセの遺書を書いた。

吉田
 PART2〜3、5、7、9に登場。ダークブラウンのセドリックに乗り、高見沢のマンションまで送り迎えを行うチンピラ。24,5歳。余計なことは一言も喋らない。

雨宮
 PART2〜3に登場。準幹部で、削いだような頬が特徴の32,3歳。高見沢が長距離狙撃用銃の試射をするために神奈川まで出かけたとき、高見沢の乗るランクルを運転した。三村奪回作戦や沖元首相殺害では、前線部隊のトップとして隠れ家で警察無線を聞いていた。

宇野
 PART3に登場。もみあげが長く、額にそり込みを入れているチンピラ頭。高見沢が海堂を狙撃したときの運転手かつ見張り役。度胸は据わっている。三村奪回作戦や沖元首相殺害では隠れ家で待機していた。松沢殺害の時は大屋の運転手を務めた。
 PART5、7、9では、高見沢が地下射場で銃器の試射を行うときのパートナーを務めた。またPART9では300億円の現金を割引債券に替える際にトラック内で見張りをした。

三村
 PART3に登場。4人いる大幹部の1人。南麻布に囲っていた由利子という情婦のところにいたところを、関西連合会の手のものに拉致された。三村奪回作戦で死亡。

中山
 PART3に登場。準幹部の1人。三村奪回作戦後、方針と田口の言葉を伝えに隠れ家までやってきた。

川崎
 PART3に登場。大幹部の1人。

後藤
 PART3に登場。大幹部の1人。

日下
 PART3に登場。優秀な外科医だったが、麻薬中毒になったことがばれて医師免許を取り上げられた。62,3歳。

石黒
 PART3に登場。準幹部の1人。32,3歳。沖元首相殺害時、隠れ家で待機していた。

柳橋
 PART5に登場。栄光会壊滅のために高見沢を呼んだとき、運転していた吉田のボディガードをしていた。

高橋
 PART5、7、9に登場。大幹部の1人。高見沢を入り口で出迎えることが多い。

安田
 PART5に名前だけ登場のチンピラ。栄光会に殺害された。

安藤
 PART5、7に登場。給仕を務めるチンピラ。

駒田
 PART5に登場。がっしりとした体格とハンサムな顔を持つ30歳ぐらいの男。一般公道の運転に長けている。栄光会撲滅時では運転手として、奥多摩から目黒まで逃走する。警察からの追跡でも事故を起こさず、冷静に逃げ切ったところから、かなり度胸はあるものと思われる。
 PART7の世界幸福協会売上金横取りでも高見沢の運転手を務めた。また300億円を持った高見沢をマンションまで送り届けた。PART9の金大統領隠し金横取りでも高見沢の運転手を務めた。また300億円の現金を割引債券に替える際にトラックを運転した。

掛布
 PART5に登場。大幹部の1人。

若松
 PART5に登場。チンピラの1人。

上川
 PART5に登場。チンピラの1人。

松野
 PART9に登場。幹部の1人。

安川
 PART9に登場。チンピラの1人。300億円の現金を割引債券に替える際の見張りをした。


政治家
田口栄光
 PART1から名前が登場。別名、目黒の闇将軍。元首相。ロックウィード事件で逮捕され、首相を降りた後も、田口軍団のドンとして、歴代の内閣を闇で動かしている。
 屋敷は目黒本町にあり、一万坪を越す敷地を持っている。代議士の頃は三百坪程度であったが、力を付けるに従い、関東連合会を使って隣接地の地主に嫌がらせをして土地を買収していった。屋敷は高いコンクリート兵に囲まれており、門は電動の鉄製扉である。
 ボディガード軍団の宿舎は、軽量コンクリート造りの二階建てで、小学校の体育館ぐらいの広さがある。窓には手榴弾よけの金網が張られている。地下室には射場などもある。田口の屋敷や事務所とは、防風林のような林によって遮られている。夕食の料理は麻布にある有名なフランス・レストランから出張してきたコックが主に作っている。
 中村をボディガード軍団に殺害させたことをネタに関西連合会の武村に恐喝され、かつ脅されたため、ボディガード軍団を関東連合会から選りすぐった拳銃使いたち20名以上に警備させている。
 PART9で脳梗塞で倒れ、再起不能となった。

中根崎
 PART1から名前が登場。田口元首相のバックアップを受け、首相となった。

高野
 PART1から名前が登場。外務大臣。高野派の長で、保守党のプリンス。田口元首相と敵対する福本派の流れだが、実際は隠れ田口派。

中川
 PART1に登場。北海道が地盤。小派閥の長ながら先の保守党総裁選で意外と検討。九州博多のホテルの自室で、愛用の短刀で左手首の動脈と静脈を切って自殺。実際は、保守党がプールしていた500億円を、韓国金大統領の親戚の女性に高利子目的で貸し付けたが、女性が破産したため取り返すことができなくなったことを嗅ぎつけて脅したため、田口ボディーガード軍団が自殺に見せかけて殺害した。

海堂
 PART2〜3に登場。保守党副総裁で、前幹事長。かつては田口元首相の一の子分であった。
 中根崎首相に無能呼ばわりされ腹を立てた鈴本前首相が福本派、河田派、田口派の不平分子、社民党や公正党まで担ぎ出して海堂を次期総裁選に担ぎ出そうとした。首相になれるラストチャンであると思い、田口元首相に反旗を翻して総裁選に出ることを決めたため、ボディガード団の命を受けた高見沢に殺害された。

松沢一成
 PART3に登場。国会のマッチポンプ男と呼ばれる保守党の一匹狼。衆議院予算委員会の議長をしており、政治家や財界人のスキャンダルを嗅ぎつけては、予算委員会で問題にすると脅して口止め料を巻き上げている。芸能人好きで、美人女優石川理恵や、清純派歌手岡部加奈子を自らの女としている。
 中川殺害などを武山に教えてもらい、田口元首相を脅したため、高見沢に殺害された。

梅原
 PART3に登場。大蔵大臣。田口がかわいがっていた子分だったが反旗を翻し、新派閥の新政会を旗揚げした。

金山
 PART3に登場。保守党幹事長。田口派であったが反旗を翻し、新派閥である新政会旗揚げの黒幕として動いた。65歳。
 田口元首相の命を受けた高見沢に毒物を注射され、死亡。心筋梗塞と発表された。

沖真介
 PART3に登場。昭和の妖怪と呼ばれた元首相。政界を引退した85歳の今でも、政財界に強力な影響力を持ち続けている。沖―福本―高野派のボス。高野は娘婿にあたる。
 田口元首相を脅したため、私邸にてボディガードや情婦たちとともに殺害された。


暴力団関係者
武山正人
 PART2〜3に登場。関西連合会の若頭で、武山組組長。武闘派で、刃向かうものは徹底的に叩きのめす。穏健派の畠山三代目会長代理と跡目を争う。関西連合会三代目会長田島が他界し、四代目となるはずだった谷岡健二が死亡したため3年以上空席となっていた四代目会長に、田島未亡人である光枝の推薦によって選ばれた。
 中背だが肩幅が広く小太り。顔はブルドックに似ている。
 若頭時代、中村殺しをタネに、畠山派の反対を振り切り田口元首相を脅かし、100億円の口止め料と、関西連合会潰しに手加減を加えるよう警察庁に圧力をかけるよう要求。要求をはねつけた田口に対し、杉原たちを捕まえ口を割らせ、そのビデオテープをばらまくと脅した。四代目会長就任後は畠山派の新和会潰しに全力を注いだが、再び田口元首相を脅したため、最後は高見沢に殺害された。

畠山
 PART2に登場。関西連合会の三代目会長代理で、畠山組会長。穏健派で、知能犯罪者としては抜群。畠山派は約30組。武闘派の武山若頭と跡目を争い、敗れる。後に関西連合会を抜け、新和会の会長となる。

中尾
 PART2に登場。関西連合会の三代目会長代理補佐で、中尾組組長。武山の腹心で、後にナンバー2となる。後に高見沢に、武山会長とともに殺害された。

太田
 PART2に登場。関西連合会の元本部長で、太田組組長。畠山派。武山を組長に決定した関西連合会定例直径組長会を欠席する。

鴨井
 PART2に登場。関西連合会の中における単独としては最大の組織である鴨井組組長。畠山派のナンバースリーで、武山に劣らぬ武闘派。武山を組長に決定した関西連合会定例直径組長会を欠席する。

西川
 PART2に登場。関西連合会の四代目舎弟頭。武山の襲名式では準備委員長を務めた。

津波
 PART2に登場。関西連合会の大親分。武山の襲名式では媒酌人を務めた。

五十嵐
 PART2に登場。西脇組の大幹部。コールマン髭を生やした痩身の五十男。中尾組組長屋敷襲撃で、高見沢の仕事を手伝う。

安井
 PART3に登場。本田組の若頭。コールマン髭を生やした渋い感じの色男。武山会長殺害で、高見沢の仕事を手伝う。

村川
 PART3に登場。本田組の若頭補佐。扁平な顔とつり上がった目を持っている。武山会長殺害で、高見沢の仕事を手伝う。

藤田
 PART3に登場。本田組に属し、安井のボディガード兼運転手を務める。武山会長殺害時の高見沢の送り迎えや、東京からの往復をした。元ツーリングカーのレーサー。


スポンサー企業の人物
三田
 PART1に登場。丸の内にあるオーディオ関係の大手メーカー、「グローバル電気」の宣伝第三係長。既に中年。若禿で、短躯肥満型。高見沢をだしにして、会社の金で若い部下3人をつれて新橋の高級中華飯店「登龍」で飲み食いをする。

黒崎
 PART1に登場。京橋にあるイギリスタバコ「ヒースロー」の輸入総代理店「ヒースロー・インターナショナル・ジャパン」社の宣伝部次長。

村瀬
 PART1に登場。京橋にあるイギリスタバコ「ヒースロー」の輸入総代理店「ヒースロー・インターナショナル・ジャパン」社の宣伝部員。高見沢の担当。

岸田
 PART1〜4、10に登場。「コズミック・オプチカル・ジャパン」本社サン・グラス事業部のプロモーション・マネージャー。高見沢との折衝の窓口である。年齢は50歳近く。父親は日本人、母親はイングランド系米国人。長身である上に胸板が厚く、顔つきはスペイン系の印象を与える。日本ウルフという洋画会社のゼネラル・マネージャーをやっていたが、5年ほど前に破格の契約金でコズミックに引き抜かれた切れ者。国際概要ヨット・レース協会の専務理事で、愛艇は「フォーチュン」号という。アメリカン・ライフスタイルを愛している。また無意味にへりくだる相手は軽蔑する。

ベン・ジョンソン
 PART1、4に登場。「コズミック・オプチカル・ジャパン」本社社長。60歳ぐらい。日本語も喋ることができるが、契約書を交わすときは通訳を介する。

光田
 PART1、4に登場。「コズミック・オプチカル・ジャパン」宣伝部長。肉付きのよい顔はいつも笑みを浮かべているが、目は笑っていない。若い情婦がいる。

友部
 PART1に登場。「コズミック・オプチカル・ジャパン」宣伝部員。

岡村譲二
 PART5に登場。「テリー・ウォーカー」極東総支社の宣伝部長。浅見とスポンサー契約に関する交渉を続けている。F1第一戦のブラジルGPにも観戦に訪れた。

石川正也
 PART13に登場。「トニー」本社専務取締役広告宣伝部部長。初老の紳士。ブラジルGP終了後、浅見とスポンサー契約に関する交渉を高見沢には極秘で進めていた。西ドイツGP時に契約する。

山下達夫
 PART13に登場。石川の秘書。30代のビジネスマン。

高畑進
 PART13に登場。コマーシャル制作プロダクション博友堂のチーフ・プロデューサー。トニーの宣伝、CM撮影を担当。コールマン髭を生やした中年の男。

青野武
 PART13に登場。コマーシャル制作プロダクション博友堂のチーフ・ディレクター。長髪の30代。

村川謙三
 PART13に登場。コマーシャル制作プロダクション博友堂のスタッフ。


その他の登場人物
草野輝彦
 PART1に登場。映画やテレビでスポーツ選手をやることが多い青年俳優。高見沢とともにマジクリーンのイメージキャラクターに選ばれた。

アン森下
 PART1に登場。19歳だが、フォークのシンガーソングライター兼俳優。高見沢とともにマジクリーンのイメージキャラクターに選ばれた。

清水達夫
 PART1に登場。民法テレビ局のアナウンサーで、視聴率の高いモーニングショーの司会をしている。マジクリ-ン発表会の司会をした。

江藤
 PART2に登場。高見沢も属している自動車ジャーナリストギルド、ペン・アンド・ホイール・クラブに属するカメラマン。三星自動車から新発売される三星エレガンス2000ターボ車、三星アパッチ2000ターボ車の試乗会でいっしょに仕事をした。

古葉
 PART2に登場。青春書房が発行する若者向け自動車誌「ホット・オート・エージ」の編集長。三星自動車から新発売される三星エレガンス2000ターボ車、三星アパッチ2000ターボ車の試乗会の原稿を依頼した。

西脇純子
 PART2に名前のみ登場。中根崎首相の秘書で、恵子夫人の監視役。恵子夫人が時々行方不明になるという報告をする。

福田
 PART2に名前のみ登場。新帝都興信所のおそらくトップ。中根崎首相の依頼で部下に恵子夫人を尾行させ、恵子夫人と高見沢が密会していることを突き止める。しかし中根崎首相に報告する前に、悪友である田口元首相にこのことを報告し、たっぷりと礼金をいただいた。
 さらにフラットの隣で高見沢と恵子の密会の様子を盗聴。田口ボディガード軍団の存在や、中村代議士殺人のことなどを恵子が話したことや、それを高見沢が録音したことを知ったため、田口元首相に知らせる。そして部下に、高見沢の過去を調査させた。

ロナルド酒田
 PART2に登場。日系三世で元空軍少佐。リハビリで1年近くをロスで過ごした際に知り合った友人。52,3歳で、ホワイト・イーグル・シューティング・ツアー社という日本人向けのシューティング・ツアー客を扱う射撃会社を経営している。カリフォルニアで行ったF2用ブリヂストンの夏タイア開発テストで高見沢が休みの2日間、拳銃や短機関銃、ライフルの射撃練習へ案内した。

デイヴ・ハミルトン大尉
 PART2に登場。高見沢の友人。40歳前だが、すでに髪がかなり薄い。ガンマニア。横田空軍基地に近い福生の瑞穂町にあるアメリカン・ハウスの群の一軒に住んでいる。妻の名前はベッシー。
 海堂副総裁射殺に使う長距離狙撃用ライフルを高見沢が持っていることをボディガード団から隠すために、デイヴから購入したように見せかけた。

リンダ・ファーガソン
 PART12〜13に登場。ハリウッドの映画スター、ダイアナ・スノーのマネージャー。中年の女性。デトロイトGPで浅見と仲良くなり、夜をともに過ごすようになる。

ドン・スマイルズ
 PART12に登場。ムスクワ地区にあるダイアナ・スノーの山荘の管理人。長身の40男。

マーガレット・リー
 PART12に登場。ムスクワ地区にあるダイアナ・スノーの山荘のコック兼家政婦。肥って背が高い50女。

トピー
 PART12に登場。ムスクワ地区にあるダイアナ・スノーの山荘の手伝い。インディアンの若者。

スチーヴ
 PART12に登場。ムスクワ地区にあるダイアナ・スノーの山荘の馬丁兼ケーパー。インディアンの若者。

ペドロ・モラレス
 PART12に登場。キー・ウェストにあるダイアナの別荘のコック兼庭師兼運転手。キューバ系の40男。

マリア・モラレス
 PART12に登場。キー・ウェストにあるダイアナの別荘のメイド。小太りの30女。ペドロの妻。

ジョニー・コーガン
 PART13に登場。ロスチャイルド銀行ジャージー支店の支店長。ユダヤ系の50男。

チャーリー・ストーン
 PART13に登場。ロスチャイルド銀行ジャージー支店の副支店長。

レヴィ・シルヴァースタイン
 PART13に登場。ジャージー島に住む税理士で、ペーパー・カンパニーの設立のプロ。耳がコウモリのように長くとがり、鷲鼻で典型的なユダヤ系の初老の男。高見沢のチーム・マジクリーン本社をジャージー島に移した時に5000ポンドで全ての手続きをしてもらった。

シャロン・ストラウス
 PART13に登場。ジャージー島に移したマジクリーン・レーシング・チーム本社がある貸しデスクにいる女性。ペーパー・カンパニー約20社で雇っている共同秘書。ユダヤ系。

ゲーリー・アンダーソン
 PART14に登場。メイフェア・シューティング・クラブの会長。パットの友人。イタリアGP前に行われたモータージャーナリストと組んだ草レース大会で商品としてもらったベレッタ・ジャガー口径22LRセミ・オートマチック拳銃のイギリスにおける所持許可証を入手するのに世話をした。
 英国では拳銃を所持するのに拳銃所持許可証が必要。取得するには地域のスポーツ射撃クラブに所属し、かつ銃砲所持取締法に反して罰を受けたときは3年以上の時間が経っていないといけない。

ラリー・パッシャム
 PART14に登場。メイフェア・シューティング・クラブの事務局長。イタリアGP前に行われたモータージャーナリストと組んだ草レース大会で商品としてもらったベレッタ・ジャガー口径22LRセミ・オートマチック拳銃のイギリスにおける所持許可証を入手するのに世話をした。



【「ミステリエッセイ」に戻る】