山小屋にいた男の死

山小屋にいた男の死


【問 題】
(注 本文は漫画です)
 ある山小屋に止まった男が翌日崖の下で死んでいた。
 警察が宿のまかないさんに話を聞くと、男とまかないさんは以下のような会話をしたという。
男「明るいへやだな日ざしがまぶしい」
ま「あの、おしごとは」
男「自分は殺し屋だ」
ま「ご冗談を・・・。どこそこは危ないから行かないで下さいね」
男「決して行かないよ」
 これを聞いた警察官は「わかった。他殺じゃない」
 なぜ?


【解 答】
 男の会話の漢字の頭をつなぐと明日自殺決行になる。(漫画の吹き出しではそのように文が並んでいた)

【覚 書】
 子供の頃付録にあった推理もののなかにこのようなトリックのものがありました。これを見た友人は「こんなのはトリックではない」と怒っていました。
 変ですよねー。これ。だいたい、漫画でしかできないし。
(以上、三甲みつお様より頂きました。有り難うございました)

 まあ、推理クイズじゃないですね、これは。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。