加納一朗『名探偵登場』


加納一朗 『名探偵登場』
(学研 ジュニアチャンピョンコース)




『名探偵登場』


 『名探偵登場』

 著者:加納一朗
 (加納一朗:SF、ミステリなど多数執筆)

 発行:学研 ジュニアチャンピョンコース

 発売:1973年4月15日初版

 定価:480円(ただし、1981年19刷時)




 推理小説のトリックは、すごくむずかしそうにみえても、たねあかしをすると、なあんだと思うようなものから、よくこんなことを考えたものだと感心するものまで、星の数ほどあります。
 でも、いま、この時代に生きている人間が、いま、この時代にある道具や知識を使って考えだしたのですから、解けないはずはありません。もし、解けなかったら、その人が問題をあやまった方向からみているか、かぎを見落としているか、あるいは自分で思いこんでしまった考えから、どうしてもぬけられないで、こだわっているからです。
 トリックを見破ることは、頭をやわらかくし、推理力をやしなう―ことになるわけですが、まずは、ここにおさめた問題に次つぎとアタックしてください。問題は推理小学校から推理中学校ぐらいまでです。すぐに、パッと犯人が分かってしまったら、どういうわけで犯人がわかったのか、その道筋を考えてください。それが、推理なのですから。
 犯人がわからなかったら―どこでかぎを見落としたのか、もう一度、よくさがしてください。名探偵のように、手がかりをつかめば、あとはひとりでにわかってくるでしょう。
 もっとも、作者のほうは、かんたんにわかってもらうと困るので、なだかんだとカモフラージュしていますが……。
 では、きみたちの「灰色の脳細胞」が活やくすることを祈ります。

(「(はじめに)名探偵諸君へひとこと…」より)


【もくじ】
 <巻頭推理劇画> ホームズ対ルパン ダイヤのビーナス(モンキーパンチ)
 <絵とき世界の名探偵> ホームズとルパン
 <はじめに> 名探偵諸君へひとこと
 第一章 犯人を割り出せ!
 第二章 トリックをあばけ!
 第三章 難事件にいどめ!
 第四章 名探偵にちょう戦

 『あなたは名探偵』の姉妹編という形で書かれたもの。文章推理や劇画なども多く、やや高学年向けである。問題そのものは、海外作品のトリックの引用が中心である。
 『あなたは名探偵』で推理クイズの起訴を学んだら、本書で本番ですよ、そんな位置付けにたとえればいいだろうか。劇画色が強く、小学生が読むには少々きつい気もするが、この頃の小学生はもう充分大丈夫だったんだろうなあ……って、自分も出版当時は小学生だったが、そんなに違和感はなかった。
 推理クイズそのものについては特にコメントすることはない。
 巻頭はルパンとホームズが日本で対決するのオリジナルもので、描いたのはモンキーパンチである。


【加納一朗作品リスト】に戻る