推理クイズ「「シマル」の謎」

「シマル」の謎


【問 題】
 あるマンションの部屋でタレントの山形久美子が殺されていた。背中を刺され、キッチンのテーブルにうつ伏せになっていた。テーブルには彼女のサイン入りの色紙が三枚あった。彼女は、色紙を書き終わったとき、不意に背後から刺されたものと思われる。
 テーブルの下に黒のサインペンが落ちていた。刑事がテーブルの下にかがむと、テーブルの裏側に字が書いてある。ひっくり返すと、黒いインクで<シマル>と横書きに書いてあった。被害者が手がかりを残そうと思って、テーブルの裏に書き残したらしい。
 捜査の結果、二人の容疑者が浮かんだ。
    島 雷太(テレビ局のディレクター)
    津村瑠璃子(元マネージャー)
 さて、犯人はどちらか?


【解 答】
 テーブルに座ったまま、サインペンを持った手をテーブルの裏にやって、犯人の名字をカタカナで書いた。ところが、そんな姿勢で書くと、テーブルの裏には、字が裏返したようになる。だから、テーブルをひっくり返したとき、<シマル>と横書きしたように読めた。実際は<ツムラ>と縦書きで書いてあったのである。

【覚 書】

 これもよくある定番ネタ。トイレットペーパーにサインペンで書いてしまったので、文字がにじみ、裏表逆に読んでしまったというネタもあります。また、犯人に追いつめられ、後ろ手で殺し屋の部屋番号の数字を書いたら、上下が逆になったというネタもあります。
 これらのネタは、小説というよりも、何かの推理クイズがオリジナルという気もするんですが。小説よりも、イラストのあるクイズの方が絵的に栄えますし。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。