推理クイズ「頭のいいこそ泥」

頭のいいこそ泥


【問 題】
 ある夜、こそ泥は裏通りの事務所に忍び込んだ。金庫を開けると、そこには大量の1万円札が。早速頂き、封筒に入れたこそ泥だったが、ガードマンが見回ってきたので、封筒をポケットにしまい、急ぎ部屋を出た。こそ泥を見つけたガードマンは、急いでこそ泥を追いかける。すたこらすたこら逃げたが、そこにぶつかったのはおまわりさん。追いついたガードマンは、彼をどろぼうと訴える。おまわりさんは早速彼を身体検査するが、お金はどこからも出てこない。事務所の中にもないし、途中の道路や車にもない。結局、証拠不十分でこそ泥は釈放され、家に帰ってきた。ところが二日後、こそ泥は盗んだ金をしっかりと手にしていた。いったい、この頭のいいこそ泥は、どこにお金を隠していたのだろう。

【解 答】
 お金を入れた封筒には、自分の住所・名前が書いてあり、切手が貼ってあった。頭のいいこそ泥は、逃げる途中でポストに投函したのだ。

【覚 書】

 これまた超初級推理クイズネタである。文章よりも、漫画にした方が、わかりにくいに違いない。実はこの問題の発展バージョンもあるのだが、それはいずれ。
 札束ではなくて凶器ですが、元ネタは土屋隆夫『危険な童話』やマージェリー・アリンガム『ある朝、絞首台に』にあります。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。