推理クイズ「上には上がある」

上には上がある


【問 題】
 ギャングのドナールのところに、飼い犬のメリーを誘拐したという脅迫状が来た。メリーはドナールの宝物である。ギャングが警察に助けを求めることなんかできない。脅迫状にはこう書いてあった。
「メリーを返してほしかったら、十万ドルを用意しろ。金はボストンバックに詰め、B公園の砂場に埋めろ。時間は明日の夜中12時。埋めるのはお前の100番目の子分のマヌーケだ。一人で来させること。警察には伝えるな」
 ドナールは、脅迫状に書いてあるとおり、マヌーケに10万ドルを詰め込んだボストンバックを渡した。もちろん、大勢の子分に変装させ、公園の砂場を見張るように命令した。マヌーケはシャベルを使い、ボストンバックを砂場に埋めて帰ってきた。ところが、犯人は朝までなても現れない。もしかしたらと思い、子分に命じて砂場を掘り起こした。すると、ボストンバックはあった。犯人は取りに来なかったのだろうと思い、バックを開けてみると、十万ドルは消えてなくなっていた。穴の中にもお金はない。
 メリーは帰ってきた。しかし、十万ドルのゆくえがわからない。マヌーケは、大勢の子分の見ている前で、たしかにバックを埋めていた。一体犯人は、どうやって金をだまし取ったのだろうか?


【解 答】
 犯人は、実はマヌーケだった。マヌーケは、穴の中で、ボストンバックからお金を落として土をかけ、その上にボストンバックを置いて、また土をかけておいた。つまり、お金は穴の中に埋まっていたわけだった。もちろん、ほとぼりが冷めた頃、回収したのだ。

【覚 書】

 こちらも超初級推理クイズネタである。実際に、このようなことが可能かどうかは不明である。実際には簡単にわかってしまうと思うのだが。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。