推理クイズ「藪をつつく」

藪をつつく


【問 題】
 大金持ちで偏屈の老人が殺された。老人の死体は、長くて太い毛のマフラーで、藪の中にある無花果の木にぶら下げられていた。
 秘書からの電話で到着した警察は、邸内の者一人残らず尋問を始めた。秘書や召使いを含めて12名、全員が老人に恨みを持っていた。ところが調べていくうちに、12人全員のアリバイが完璧であることが分かった。証拠らしきものは全くなかった。
 しかし調べていくうちに、無花果の木の下の落ち葉に大小さまざまの足跡があることが分かった。その足跡は、どれもこれも踵の方がぐっと深く押されているのに、つま先の方は非常に浅くなっていた。まもなく、警察は犯人を捕まえた。


【解 答】
 老人はマフラーを巻き付けられ、マフラーの一端は無花果の木に結えられ、他の端は12人が一列に並んで持ち、引っ張った。アリバイは12人全員が協力して作っていた。

【覚 書】

 『新青年傑作選』だったような記憶があるが、手元にリストがないので何とも言えない。それよりこの作品、あのクリスティーの名作より前だったのか、後だったのかが非常に気にかかります。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。