カギは走った


【問 題】
 刑事たちはある事件の重要参考人として、上野という男をマークしていた。上野があるマンションにいるという情報を聞き、刑事の赤坂と馬場はマンションに向かった。そのとき、銃声が鳴った。赤坂と馬場は慌てて銃声が鳴った部屋に走った。マンションの入り口で、ある男が通りかかった。臭いと思った赤坂は、馬場にその男を尾行させた。
 銃声が聞こえたのは、神田という表札がかかっている部屋だった。赤坂はドアを開けようとしたが、鍵がかかっている。ちょうど訪れた管理人が持っている合い鍵を使い、部屋に入ってみると、そこには上野の死体が転がっていた。死体は暖かく、たったいま殺されたばかりのようだ。
「ここは、神田五郎さんという人が借りている部屋です。このマンションの部屋の鍵は、全て電子ロックです。複製を作ることはできません。鍵は私と神田さんしか持っていないはずです。鍵がなければ、部屋へ入ることも、出ることもできません」
 管理人はこう証言した。部屋の窓にも鍵がかかっている。出入りはこのドアからしかできないはずだ。さきほどすれ違った男が怪しい。赤坂は馬場に連絡を取った。

 馬場はあるアパートの前にいた。
「先ほどの男は品川という男です。そこのアパートの二階の部屋に入り、それからは一歩も外に出ていません」
「よし、品川に聞いてみよう」

「品川、おまえは神田から鍵を借り、神田の部屋で上野を殺しただろう」
「めっそうもない。あのマンションには別の用事があって行っただけですよ。それに鍵は神田さんが持っているから、私は入れませんよ」

「馬場、君は品川を見張っていてくれ。私は神田の仕事先に行って来る」
 赤坂は神田の勤め先に向かった。その間、馬場はずっと品川を見張っていた。品川は一歩も部屋から外へ出なかった。

「神田さんですか」
「はい。大変な汗ですね。上着をお借りしましょう。そこにかけておきます」
「暑かったし、急いで走ってきたからな」
「ところでご用件は何でしょう」
「神田さん、あなたが借りているマンションの部屋のことですが、鍵はお持ちですか」
「はい、持っていますよ。これです」
「お借りしていいですか」

 赤坂は確かめたが、間違いなくマンションの部屋の鍵だった。神田はこの日、一日中勤め先にいたことは確認されている。しかし、動機といい状況といい、品川が犯人であることは間違いない。しかし銃声が鳴った後、品川は刑事にずっと見張られていたから、神田に鍵を渡すことはできなかったはずだ。では、どうやって品川は神田の部屋に入ることができたのだろうか。ただし、管理人は無関係であり、合い鍵は肌身離さず持っていた。




【解 答】
 品川も神田も、刑事にマークされていたのだから、接触することなどできるはずがない。品川と神田に接触した唯一の人間は、刑事の赤坂だけである。品川は、刑事が尋ねてきたとき、とっさに赤坂の上着のポケットに鍵を入れたのだ。赤坂が出ていくと、品川は電話で神田にそのことを知らせた。神田はうまく話しかけながら上着を脱がしてハンガーにかけさせるようにした。そのとき、ポケットから鍵を抜き取ったのである。

【覚 書】

 これは文章にするより、イラストや映像にすると映えるトリックですね。登場人物が少ないので、クイズにするとわかってしまいますが、ドラマ仕立てにして、トリックの一つとして使うと結構効果的だと思います。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。