消えた100万ドル


【問 題】
 グリは覆面強盗に変装して、ニューヨークの裏町にある小さな郵便局に押し入った。ちょうど昼食を食べていた3人の局員をトイレの中に閉じこめてから金庫を開け、100万ドルの札束を盗んだのである。
 そして数分後に、覆面を脱ぎ捨てて、何食わぬ顔をして郵便局から出たとたん、運悪くダニエル警部と出くわした。
「グリ、おまえ、この郵便局で何か悪事をやったな。挙動が怪しいから逮捕する」
 ダニエル警部はメグに手錠をかけて、郵便局に入ってみると、局員がトイレに閉じこめられており、金庫が荒らされて大金が盗まれていて大騒ぎになった。
 グリはその場で厳重に身体検査をされたが、盗んだ札束は一枚も持っていなかった。
 トイレから解放された局員も、極の内部から外にあるポストの中まで探したが、100万ドルがどこにもない。覆面が捨ててあるだけだった。
「局長、この小包は?」
 ダニエル警部は、速達や書留小包が数個あるのを見て、局長にたずねた。それらにはみな切手が貼ってあり、消印も押してある。
「それは、午前中に受け付けた小包です」
「新しい小包が一つ、まぎれこんでいないか」
「いいえ、新しい小包はありません。強盗が入る前と同じ数だけあります」
 局長は小包を一つ一つ調べて答えた。
「それ見ろ、警部。ぼくは犯人じゃないぜ。人を疑うのもいいかげんにしてくれ」
「じゃ、お前。この郵便局へ何をしに来たんだ」
「ラブレターを出そうと思って、切手を買いに来たんだよ。そしたら局員がいないので、留守かと思って引き返そうと思ったら、君につかまったのさ。これがラブレターだよ」
 グリはポケットから一通の封筒を出して見せた。
 盗まれた現金が見つからない以上、いつまでもグリを逮捕しておくことはできない。しかたなく、ダニエル警部はグリを釈放した。
 グリは口笛をふきながら帰っていった。
 ところが数日後には、盗んだ100万ドルをちゃっかりと取り返していたのである。
 では、グリはいったいどこに札束を隠していたのだろうか。


【解 答】
 グリは強盗にはいる前に、変装して郵便局に行き、小包を一つ出して置いたのだ。小包の宛名は、自分の変名にしておいた。
 そのあと、覆面をして強盗に入り、100万ドルを盗むと、その小包をほどいて、その中に札束を詰め、また元通りに包装したのである。
 事件の前に受け付けた小包の中に、盗まれた現金が隠しているとは思わないので、局長もうっかり見逃したのである。

【覚 書】

 盗品を隠すトリックの応用問題。実際にはばれてしまうでしょうが、面白いトリックだと思います。

 ※解答部分は、反転させて見てください。
 ※お手数ですが、ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。