求刑無期懲役、判決有期懲役 2020年





 2020年に地裁、高裁、最高裁で求刑無期懲役に対し、有期懲役・無罪の判決(決定)が出た事件のリストです。目的は、無期懲役判決との差を見るためですが、特に何かを考察しようというわけではありません。あくまで参考です。
 新聞記事から拾っていますので、判決を見落とす可能性があります。お気づきの点がありましたら、日記コメントでご連絡いただけると幸いです(判決から7日経っても更新されなかった場合は、見落としている可能性が高いです)。
 控訴、上告したかどうかについては、新聞に出ることはほとんどないためわかりません。わかったケースのみ、リストに付け加えていきます。
 判決の確定が判明した被告については、背景色を変えています(控訴、上告後の確定も含む)。




【2020年の有期懲役、無罪判決】

氏 名
二場勇次(54)
逮 捕
 2015年5月25日(死体遺棄容疑)
殺害人数
 1名
罪 状
 殺人、死体遺棄、傷害他
事件概要
 福岡県田川市のアクセサリー販売業、二場勇次被告は2015年5月17~21日頃、自宅で自宅で交際相手の女性(当時41)の頭に噴射したスプレーにライターで引火させて後頭部にやけどを負わせたり、福岡市のホテルで頭を電気ポットで多数回殴ったりするなどの暴行を加え、5月22日ごろ全身やけどによる肺炎と急性硬膜下血腫に伴う呼吸不全に陥らせ殺害したとされる。そして飯塚市に住む会社員の男性と共謀し、遺体を長崎市の公園に遺棄した。
 二場被告と女性はフェイスブックを通じて知り合い、内縁関係にあったが、二葉被告は女性と交際を始めた3月中旬頃から虐待を繰り返し、低栄養状態に陥らせていた。
 二場被告が前妻にドメスティックバイオレンス(DV)をしていた疑いがあるとの情報を得ていた保育所側は、二場被告の女児を送迎していた女性がマスクなどで顔を隠しているのを見て5月8日に通報。田川市の職員が女性と3回接触を試み、13日には直接会うことができたが、マスクをしていたため見抜くことができなかった。市から協力を求められた県警は、田川署員が数回訪問するも、女性に会うことができなかった。
 女性の遺体は24日朝、発見された。数時間後に会社員の男性が県警博多署に出頭。供述から二場被告の関与が浮上し、県警は24日夜に福岡市内で身柄を確保し、25日、両被告を死体遺棄容疑で逮捕した。
 8月27日、県警は殺人容疑で二場被告を再逮捕した。
 また二場被告は3月にも別の交際女性に暴力をふるっていた。女性は二場被告が逮捕後の6月下旬に警察に被害を申告し、二場被告は7月に傷害容疑で逮捕された。
裁判所
 最高裁第二小法廷 草野耕一裁判長
求 刑
 無期懲役
判 決
 2020年5月15日 懲役22年(被告側上告棄却、確定)
裁判焦点
 
備 考
 1992年、当時暴力団員だった二場勇次被告はダイヤルQ2で知り合った女性3人に次々に金を要求し、断られると暴力を加えた。覚醒剤を注射することもあった。7月16日未明、そのうちの1人である女性(当時19)に借金を断られたことに腹を立て、福岡市東区のホテルで、頭や顔を殴り、突き飛ばして頭部を床に打ち付けるなどの暴行を加え、女性は5日後、死亡した。二場被告は女性の家族や運び込んだ病院の医師らに、「女性が自分で交通事故に遭った」などと説明していた。
 傷害致死などの容疑で起訴され、1992年11月19日、福岡地裁で懲役10年(求刑懲役12年)の判決が言い渡され、1993年に確定して服役した。

 死体遺棄の罪で起訴された会社員の男性は2015年8月25日、福岡地裁(井野憲司裁判官)で懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡された。控訴せず確定。

 2017年11月22日、福岡地裁の裁判員裁判で求刑無期懲役に対し、一審懲役10年判決。殺人罪を認めず、傷害致死を適用した。2018年9月27日、福岡高裁で一審破棄、懲役22年判決。一審で否定した殺意を認めた。

氏 名
西原崇(37)
逮 捕
 2018年2月13日
殺害人数
 1名
罪 状
 殺人、強制わいせつ致死
事件概要
 松山市の運送会社員、西原崇被告は2018年2月13日午前4時35分~午前5時50分ごろ、今治市の段ボール製造販売会社の敷地内で、同僚の女性(当時30)の首を両手で絞め、タイツをはぎ取るなどわいせつ行為をし、首をタイツで絞めて殺害した。
 女性は同日未明、荷物を配送するため、一人で段ボール製造会社に向かった。西原被告は同日早朝、女性と合流して仕事を手伝う予定だった。
 帰社予定だった午前中に戻らず、連絡も取れなくなったため、会社の上司が13日午後、西条署に行方不明届を提出。県警が、女性が仕事をしていた段ボール製造会社を捜索した際、遺体が見つかった。会社の敷地や建物は人が出入りしていたが、遺体があったのは人目につきにくい場所だった。
 県警は13日午後、西原被告から任意で事情を聴き、同行した現場で逮捕した。
裁判所
 最高裁第二小法廷 岡村和美裁判長
求 刑
 無期懲役
判 決
 2020年7月29日 被告側上告棄却、地裁差し戻し確定
裁判焦点
 
備 考
 2018年11月13日、松山地裁の裁判員裁判で求刑無期懲役に対し、一審懲役19年判決。2019年12月24日、高松高裁で一審破棄、地裁差し戻し。

氏 名
熊澤義信(29)
逮 捕
 2018年12月10日
殺害人数
 1名
罪 状
 殺人、窃盗、死体遺棄他
事件概要
 住所不定、無職の熊澤義信被告は、2018年11月29日、東京都練馬区の学生寮で、長野県出身の専門学校生の女性(当時20)を何らかの方法で窒息させて殺害し、キャッシュカードやクレジットカードを奪った。29日午前には、都内のATMで預金のほぼ全額である59,000円を引き出した。さらに12月3日、再び学生寮を訪れて女性の遺体を布団でくるんで運び出し、東京、長野、福島など1都6県で被害者のクレジットカードで飲食代・衣服代・高速料金などに20万円以上を支払っていた。
 熊澤被告には約100万円の借金や、未払いの携帯電話料金があった。2人は2018年6月ごろ、飲食店のバイト先で知り合った。熊澤被告はその後別の飲食店で勤務したが、11月中旬ごろから無職だった。
 被害者が11月29日ごろから授業に来ていないと学校から連絡を受けた父親が12月7日、被害者方を訪れベッドの血痕を発見し、110番通報。マンションの防犯カメラに11月28日に被害者が帰宅したのちに熊澤被告が入っていき翌日に出ていくところや、12月3日、熊澤被告とみられる人物が丸めた布団のようなものを車に積み込む様子が写っていた。またATMの防犯カメラにも熊澤被告らしい人物が映っていた。9日夜、熊澤被告の実家がある福島県いわき市の駐車場でレンタカーに乗っている熊澤被告を捜査員が職務質問し、車内から被害者の遺体を発見した。12月10日、警視庁は死体遺棄容疑で熊澤被告を逮捕した。2019年1月9日、強盗殺人容疑で再逮捕した。
裁判所
 東京地裁 野原俊郎裁判長
求 刑
 無期懲役
判 決
 2020年10月2日 懲役19年
裁判焦点
 裁判員裁判。
 2020年9月15日の初公判で、熊澤義信は「殺害したことは間違いないが、金品を奪う目的はなかった」と述べ、起訴内容の一部について否認した。
 検察は冒頭陳述で「被告は金に困っていて交際していた被害者から別れ話を切り出されて金品を奪おうと決意した。ネクタイで手足を縛り、カードの暗証番号を聞きだして殺害した」と述べた。弁護側は、別れ話を切り出したのは被告だとした上で、「手足を縛ったのは、被害者が取り乱したのを落ち着かせるためで、カードを奪う目的はなかった」などと主張し、強盗殺人ではなく、殺人と窃盗にあたると主張した。
 18日の被害者遺族の意見陳述で、両親は被告に死刑と断じた。
 同日の最終弁論で、弁護側は懲役16年が相当と主張した。
 判決で野原裁判長は、「別れ話のもつれから怒りを募らせたことが殺害の動機になっていたと認められる。カードで引き出した現金を遺体を遺棄するための道具の購入に使うなど、殺害までに金を奪う目的があった者の行動としては不自然だ」と指摘し、強盗殺人罪の成立は認めず、殺人と窃盗の罪に当たると判断した。そして、「動機は身勝手で短絡的というしかない。遺体を遺棄したことも強く非難されるべきだ」とした。
備 考
 被告側は控訴した。

氏 名
鈴木洋一(40)
逮 捕
 2017年10月10日
殺害人数
 1名
罪 状
 殺人
事件概要
 川崎市の会社員、鈴木洋一(ひろかず)被告は2006年9月23日午前0時ごろ、川崎市の貨物駅直下のトンネル内歩道で、近くに住むアルバイトから帰宅中の女性(当時27)の腹を刃物で刺し、さらに右胸で刺して殺害した。
 鈴木被告はその後、別の殺人未遂事件で服役していたが、2016年1月、収容中の黒羽刑務所(栃木県大田原市)から女性殺害の関与をほのめかすはがきを神奈川県警に送り、その後、殺害を認めた。任意の聴取で説明した殺害方法と遺体の状況なども一致、神奈川県警は2017年10月10日、鈴木被告を逮捕した。
裁判所
 東京高裁 近藤宏子裁判長
求 刑
 無期懲役
判 決
 2020年10月16日 懲役28年(被告側控訴棄却)
裁判焦点
 控訴審で弁護側は自首の成立を主張し、刑を軽くするよう求めたが、近藤宏子裁判長は、被告が自供する以前に、捜査機関によって被告の犯行とほぼ絞り込まれていたと指摘。「自首には当たらない」として退けた。
備 考
 鈴木洋一被告は2007年4月5日午後10時25分ごろ、川崎市の路上で帰宅途中の会社員女性(当時40)に背後から近付き、追い抜きざまに背中と腰の2か所を刃物で刺して約3か月の重傷を負わせた。さらに襲おうとしたが、女性が民家に助けを求め、人が出てきたため諦め、軽乗用車に戻って逃走した。鈴木被告は事件から約1時間後、宮前署に出向いて「車で近くを通った時、男が女性を追いかけるのを見た。制止しようとして手を切られた」と届け出た。しかし、被害者の女性や悲鳴を聞いて外に飛び出した近所の人が「助けに入った人はいなかった」と話し、鈴木被告が女性の手当てをしないまま回り道をして現場から立ち去り、自宅に戻るなど不可解な点があったため、任意で事情を聞いた。解放しなかったはずの鈴木被告の靴に女性の血がついていたこと、女性が鈴木被告に似ていると話したことなどから、4月20日、宮前署は鈴木被告を殺人未遂容疑で逮捕した。殺人現場から約1.5km離れた場所だった。また2005年3月、トンネルから約500m北に離れた同市の路上で、深夜に帰宅していた女性会社員がバイクの男に後ろから刃物で刺され、重傷を負っている。
 2008年3月3日の初公判でも鈴木被告は犯行を否認し、裁判でも供述を拒否したが、7月14日、横浜地裁川崎支部(加登屋健治裁判長)は鈴木被告の犯行と認定し、懲役10年判決(求刑懲役15年)を言い渡した。この公判では殺人事件についても問われ、鈴木被告は「お答えできません」と答えている。弁護側は事実誤認を、検察側は量刑不当を理由に控訴。2009年4月13日、東京高裁(若原正樹裁判長)は検察・被告側控訴を棄却した。8月12日付で最高裁第一小法廷(涌井紀夫裁判長)は被告側上告を棄却し、刑が確定した。

 2019年12月13日、横浜地裁の裁判員裁判で求刑無期懲役に対し、一審懲役28年判決。被告側は上告した。

氏 名
柴田広幸(47)
逮 捕
 2019年3月3日
殺害人数
 2名
罪 状
 殺人
事件概要
 山形県朝日町の無職柴田広幸は2019年2月27日朝、自宅で同居していた母親(当時68)に仕事に就かないことを責められ激昂、頭をフライパンで殴り、首を手で絞めて殺害した。さらに同日夜、就寝中の父親(当時72)の首を延長コードで絞めて殺害した。柴田被告は2月28日午前3時頃、両親がアルバイトをしていた新聞販売店に、「父が病気になったので休ませてほしい」と電話をした。3月1日午後10時頃にも、柴田被告から「父が入院することになり、母も付き添いをしないといけない」と電話で説明をした。
 柴田被告の両親、柴田被告夫婦、夫婦の二人の子供の六人暮らし。柴田被告は仕事を転々とし、いずれも長続きしなかった。定職に就かないことについて、柴田被告と両親が言い争うことが度々あった。柴田被告の妹が3月2日午前に家を訪れた際、父親が1階北側の寝室であおむけで、母親が1階南西側の寝室の押し入れで横向きの状態でそれぞれ死亡しているのを発見し、110番した。
 山形県警寒河江署は3日、父親に対する殺人の容疑で柴田被告を逮捕。23日、母親に対する殺人の容疑で再逮捕した。
 山形地検は鑑定留置を4月から行い、鑑定結果から刑事責任能力があると判断し6月11日、柴田被告を起訴した。
裁判所
 山形地裁 今井理裁判長
求 刑
 無期懲役
判 決
 2020年10月20日 懲役29年
裁判焦点
 裁判員裁判。
 2020年10月5日の初公判で、柴田広幸被告は両親の首を絞めたことなどを認めた上で「殺意をもって窒息死させたという点を否認する」と述べ、無罪を主張した。
 検察側は冒頭陳述で、柴田被告が、仕事に就かず怠惰な生活を送っていることを母親にとがめられて激高し、母親の頭をフライパンで殴り、さらに首を手で締めて殺害したと主張。その後犯行の発覚を恐れて、延長コードで首を絞めるなどして父親も殺害したと指摘した。また3日後に事件が発覚するまで、両親の勤務先に「2人は病院に行ったので仕事を休む」とうその電話を繰り返すなど、偽装工作を図ったとした。そして「結果は重大であり、強い殺意に基づく悪質な犯行」などと述べた。
 弁護側は犯行当時、柴田被告に精神障害の影響があったと主張。母親から子どもの教育方針を巡ってとがめられたことなどから「両親を悪魔だと認識し、倒そうと考えた。人間とは別の生き物である悪魔を倒したのであり、人を殺したという認識はない」として、殺人罪は成立せず、刑事責任能力もなかったと反論した。
 13日の論告で検察側は、柴田被告の精神鑑定医の証言をもとに「悪魔とは、自分にとって不都合な人物に対する比喩」に過ぎないと指摘。職に就かないことを母親にとがめられて犯行に及んだとして、「動機は身勝手で短絡的」と批判した。また、柴田被告が母親の遺体を寝室の押し入れに隠したり、父親を計画的に殺害したりしていることからことなどから「犯行後も合理的に行動しており、精神障害はなく、責任能力も認められる」と指摘。公判で両親への誹謗中傷を繰り返したことなどを挙げて「反省の態度は一切ない」とした。
 同日の最終弁論で弁護側は、柴田被告が職場でのいじめなどにより、事件の約1年半前から自宅に引きこもるようになったと主張。「うつ病などを疑わせる症状もあり、妄想や幻覚を有するに至った」とし、母親から自身の子育てを責められたことなどから「両親を悪魔と認識するようになった」と反論した。そして「両親ではなく『悪魔』を倒したのであり、殺人罪は成立しない。被告には人を殺したという認識がない。善悪を分別する能力が欠如または減退しており、責任能力はなかった」と訴え、無罪判決を求めた。
 柴田被告は最終陳述で、約20分間にわたって自身の意見を述べた。手書きの原稿を手に「なぜこんなことになったのかわからない」と述べる一方、「事実をねじ曲げている」と検察や鑑定医への非難を繰り返した。
 判決で今井裁判長は精神鑑定医の結果などから、「両親が人ではなく『悪魔』という妄想はなく、殺意は認められる」と認定。責任能力についても「さまざまな偽装工作、元妻や妹へ犯行を伝えた状況から、善悪の判断はできた」と指摘し、その上で「執拗で、確実に殺害しようという強い意志が表れた悪質な犯行」と述べた。また今井裁判長は、柴田被告が両親に強い不満や嫌悪感を抱いていたと指摘しつつ、「40代半ばに達しながら職にも就かず、両親に生活費を負担してもらっていたのだから、不満を抱き続けるのは甘えた態度というべきで、ほとんど同情の余地はない」とした。一方、犯行当日の朝に母親から包丁を向けられるなどの挑発を受けたことへの激高が、事件の発端となったことは「酌量の余地がある」とした。
備 考
 被告側は控訴した。2021年6月24日、仙台高裁で被告側控訴棄却。

氏 名
渡辺武久(38)
逮 捕
 2018年8月7日
殺害人数
 1名
罪 状
 強盗致死、強盗致傷、住居侵入他
事件概要
 指定暴力団住吉会系組員、渡辺武久被告は、栃木市の自称とび職、石崎太被告に強盗を指示。石崎被告は仕事仲間である鹿沼市のとび職I被告に共犯者の紹介を依頼。紹介された宇都宮市の無職S被告とともに2018年5月13日午前0時~1時30分ごろ、栃木市に住む男性(当時82)宅に押し入るも、同居の長男(当時59)に遭遇したため暴行した後、何も取らずに宇都宮市のとび職F被告が運転する車で逃走した。渡辺被告は知人の無職の女から、男性宅に現金があると知らされ、知人の石崎被告に犯行を指示した。
 再び渡辺被告に強盗を支持された石崎被告は、F被告に粘着テープなどを用意させたうえで、I被告から紹介された少年被告と共謀。7月26日午前0時ごろ、同じ家に押し入り、暴行して男性を死なせ、長男にも殴って重傷を負わせ、現金約30万3千円や預金通帳3冊を奪った。その後、F被告の運転する車で逃走した。
 県警栃木署捜査本部は7月29日、石崎被告と少年被告を強盗殺人他容疑で逮捕。8月7日、強盗殺人他容疑で渡辺被告を逮捕。9月5日、強盗致傷容疑で渡辺被告、石崎被告を再逮捕。S被告とF被告を強盗致傷他容疑で逮捕した。9月19日、強盗致傷幇助他容疑で無職の女性を逮捕。
裁判所
 東京高裁 中里智美裁判長
求 刑
 無期懲役
判 決
 2020年12月9日 懲役30年(被告側控訴棄却)
裁判焦点
 不明。
備 考
 強盗致死罪などに問われた石崎太被告は2019年1月30日、宇都宮地裁(佐藤基裁判長)の裁判員裁判で求刑無期懲役に対し一審懲役29年判決。2019年7月23日、東京高裁で被告側控訴棄却。(おそらく)上告せず、確定。
 強盗致死罪などに問われた宇都宮市の無職少年(事件当時19)は2019年1月18日、宇都宮地裁(佐藤基裁判長)で懲役8年以上15年以下(求刑懲役10年以上15年以下)判決。犯行に参加したのは友人のためで金品目的ではなく、共犯者内での立場も最も従属的なものだったと認定された。控訴せず、確定。
 強盗致傷罪などに問われたS被告は2019年3月18日、懲役7年判決(求刑懲役8年)。控訴するも取り下げ、確定。
 強盗致傷幇助罪などに問われたF被告は2019年5月16日、懲役2年6月・執行猶予4年判決(求刑懲役3年)。おそらく控訴せず確定。
 強盗致傷幇助罪などに問われたI被告は2019年10月11日、懲役6年判決(求刑同)。同年11月7日、控訴取り下げ、確定。

 2019年12月6日、宇都宮地裁の裁判員裁判で求刑無期懲役に対し、一審懲役30年判決。被告側は上告した。2021年4月2日、被告側上告棄却、確定。




※最高裁ですと本当は「判決」ではなくて「決定」がほとんどですが、纏める都合上、「判決」で統一しています。

※銃刀法
 正式名称は「銃砲刀剣類所持等取締法」

※麻薬特例法
 正式名称は「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」

※入管難民法
 正式名称は「出入国管理及び難民認定法」

【参考資料】
 新聞記事各種

【「犯罪の世界を漂う」に戻る】