桂林ブックス『いますぐ名探偵 犯人をさがせ!』(文響社)



『いますぐ名探偵 犯人をさがせ!』 『いますぐ名探偵 犯人をさがせ!』

 作者:桂林ブックス
(「本は子どもたちの心の世界を育む」を信念に様々な企画・執筆を手がけている。)
 絵:チョ・スンヨン
 訳者:鈴木沙織

 文響社

 発売:2021年12月14日初版

 定価:2,475円(初版時 本体+税10%)





 世界中で思いもよらないさわぎをおこす、大胆不敵なかいとう団があらわれた! なかなかしっぽをつかめないやつらに、警察はもうお手あげだ。きみが名探偵になって、事件の犯人をみつけだせ!(「この本のつかいかた」より引用)

 韓国で2019年に発表された作品の翻訳。
 まずかいとう団のカードを表紙にさしこむ。表紙は赤い窓になっており、読者は被害者や目撃者、関係者の証言を聞き、あてはまらないかいとうの窓を閉めていく。最後まで窓が閉まらなかった人物が、犯人となる。
 かいとう団は紹介ページに「国籍」「特技」「話せることば」「身長」といった特徴が書かれているので、そちらも参考にする必要がある。
 出てくるかいとう団は全部で4つ。それぞれのかいとう団は、15人が属している。一つのかいとう団がそれぞれ4つの地域で犯行に手を染める。犯行の内容は窃盗、誘拐、偽札などの詐欺など色々。中には落書きというケチな犯罪もある。
 犯人を探し当てたら、他にミッションが二つあり、絵の中にいる証言者8人を探し当てるミッションと、その観光地の特徴的なもの4つを探すミッションがある。

 いわゆる複数の証言から犯人を探し当てる推理クイズ。過去の推理クイズにはよくあるパターンであるが、子供向けにやさしいものとなっている。特に証言に当てはまらない人物の窓を閉めていくというのは、わかりやすい。
 未就学児にはちょうどよい頭の体操となる本である。

【その他の推理クイズ本作品リスト】に戻る