加納一朗『探偵クイズ 謎とトリック』


加納一朗 『探偵クイズ 謎とトリック』
(エルム エルム入門百科1)




『探偵クイズ 謎とトリック』


 『探偵クイズ 謎とトリック』

 著者:加納一朗
 (加納一朗:SF、ミステリなど多数執筆)

 発行:エルム エルム入門百科1

 発売:1976年3月1日初版

 定価:580円(初版当時)



 きみたちはシャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンの物語が、きっと好きだろう。これらの推理小説には、ひとつのはっきりしたルールがある。
 事件=謎=手がかり=手がかりの断片をひろい集めて、まとまった説明にする(論理的な機能というむずかしいことばでいう。)=トリックの解き明かし=意外な真犯人。
 これが推理小説のルールだ。この本には、きみたちが探偵になったつもりで、ルールへ挑戦してもらうために、多くのクイズを主にして集めた。なるべく答を見ないで、自分でいろいろ考えて、ズバリ正しい解答を出してほしい。

(「まえがき」より引用)


【目 次】
 探偵クイズ 謎とトリック
 名探偵にはこうしてなれる
 かわった凶器
 謎とトリックに挑戦


 1970年代に流行した入門シリーズ叢書。(株)エルムという出版社でも出されており、その1番目が本書である。野球や手品などをさしおいてである。この時代、名探偵への入門書が流行したことがよく分かる出来事である。
 クイズの内容としては、『名探偵登場』や『名探偵入門』に収録されていたものをアレンジしたり、そのまま写したものがほとんどである。また、ここに収録されている問題の幾つかは、後に『秘密の探偵術』に収録されている。
 同じような問題を何度も繰り返し使用するのはどうかと思うが、読者の対象である少年少女は、同じような入門書を何冊も買うわけではないので、これでも充分よかったのかもしれない。

【加納一朗作品リスト】に戻る