『お笑いスター誕生!!』 名鑑【な】


 皆様からお寄せいただいた情報は、緑文字で表記しております。
 あtろのマニアック演芸より転記した情報は紫文字で表記します。
 芸人さん情報サイト geinin.jpより転記した情報は栗色文字で表記します。
 拙HP「お笑いスター誕生!!」掲示板より転記した情報は青色文字で表記します。
 新規に情報を追加した場合は、赤文字で表記します。

名 前
中田伸江・伸児
初出場
 1980年6月7日(第1期グランプリシリーズ)
実 績
 1週勝ち抜き。
ジャンル
 漫才。
プロフィール
 中田伸江:本名和泉信江。1958年生。大阪府出身。
 中田伸児:本名沢井義孝。1950年生。大阪府出身。
 中田伸児は1974年11月に中田アップに入門後、中田パットとコンビで活動したが1975年10月に解散。前名:中田ナイス。それ以前には横山やすしの内弟子だった。
 1976年5月にデビュー。
 上方漫才のホープだったらしい。
ネ タ
(関西で月1回放映されていた『フレッシュ漫才』でのネタ)
(伸児)「あんた小林さんに似てるで」 (伸江)「幸子?」
(伸児)「いや、亜星」
(伸児)「あんた聖子聖子言われるんちゃう」 (伸江)「松田聖子?」
(伸児)「いや。田辺」
(伸児)「あんた、和子和子言われるんちゃう」 (伸江)「松村?」
(伸児)「いや、小森」
 ☆マッチ(近藤真彦)のネタ
(伸江)「ただいま通りからマッチが出てきました。こんにちはーマッチー」
(伸児)「マッチでーす」
(伸江)「きたないマッチやなー。これやったら徳用マッチやがな」
(伸児)「やだー」←(これは伸児のギャグです)
受賞歴
 1978年 第13回上方漫才大賞新人奨励賞受賞
 1979年 第9回NHK上方漫才コンテスト優秀話術賞受賞
レコード
「さよならバイバイ」(1982.1)
 アーバンな風景をバックに、伸江・伸治のブサイクなツー・ショットがインサートされる衝撃的なジャケ。A面の「さよならバイバイ」を伸江が、B面の「インスピレーション・ラブ」を伸治が歌っています。チープすぎて笑えます〜
感 想
 新人なのに年より臭い芸風だと思いました。
その後・現在
 その後、『テレビ演芸』の「目指せ笑いのニュースター・ホップステップジャンプ」の初代チャンピオン。チャンピオン大会では、かき氷器の形態模写(顔真似)をしていました。
 1983年に解散。
 中田伸児は中田しんじの名前で漫談、ものまね、歌謡ショーなどの司会、歌手など、北海道のローカルタレントとして活動。TVh(テレビ北海道)では一時期レギュラーコーナーもあったらしい。札幌在住で、一時期北海道歌手連合会の理事を務めていた(2009年現在は離脱している)。現在はフロムサウンズ所属。
<登場者リストに戻る>

名 前
波伸太郎
初出場
 1982年3月20日(第2期グランプリシリーズ)
実 績
 1週勝ち抜き。
ジャンル
 ギター漫談。
プロフィール
 三波伸介の弟子。昔の芸名は「波すずめ」。前番組『やじうま寄席』にも出てました。テレビドラマなどでもチョイ役で出ていたようです。
ネ タ
1週目ネタ(覚えてる限り)

(カーテンが開いて登場する)
そよ風が 運んでくれた 男の子 波伸太郎です。
僕の持ってるこのギター。これ、芸大の海野教授(※1)から頂いたんです。
(会場薄い笑い)
アハハじゃないよ。(※2)

ではこのギターで一曲「初恋の唄」を…。
【歌詞とメロディは忘れたけど、友達と麻雀やってていい手が来ず「ハツ来いハツ来い 初恋の唄ぁ〜」って感じだった】
(会場、多少笑い)

次は山口百恵の「秋桜(コスモス)」を…。
【曲調はオリジナルのとは違ってたと思うけど、電話に出て誰だか解らず「こすもす、こすもすー?」と聞くネタだった】

※1…裏口入学か何か忘れたけど、当時こんな事件が大騒ぎになった。
※2…師匠の故・三波伸介さんのギャグ。ここは師匠譲りでした。
「コンドルは飛んでいく」をギターで弾いて「電車がコンドル!」なんて小学生並みのギャグを飛ばしてました。
 2週目は背中に回したギターを弾く技をみせましたが、ここで落ちました。2週目のオープニングでの勝ち抜き組紹介のとき中尾ミエに「ひとこと言わせてください……ヒトコト」といって会場をしらけさせていました。中尾さんもあきれた顔で見てました。
(2週目のネタ)

ビートルズの「イエスタディ」の替え歌で……ポールの独り言。

♪おいジョン 君はタバコ吸うのを 止めたのかい?
  イエ〜〜 吸ったでぇ〜〜〜!!(ギターにあわせて歌いながら)

*但し オリジナルメロディなので いまいち客の反応が悪い。メロディだけでも パクってたら良かったのに……。「昨日」というフレーズもダブらせず、ただ自己満足っぽいネタだった。
感 想
 残念ながら、あまり笑えませんでした。正直言って、1週目受かったのが不思議。
その後・現在
 都内でスナックのマスターだそうです。
<登場者リストに戻る>

名 前
新山絵里・真理
初出場
 1985年5月11日(第5回オープントーナメントサバイバルシリーズ
実 績
 第5回オープントーナメントサバイバルシリーズ準決勝進出。
 第6回オープントーナメントサバイバルシリーズ2回戦進出。
 第7回オープントーナメントサバイバルシリーズ準決勝進出。
ジャンル
 漫才。
プロフィール
 1982年結成。1984年には『ザ・テレビ演芸』でチャンピョンになっています。当時はマセキ芸能所属。新山ノリロートリロー門下。
ネ タ
 デビュー当時、ジャイアンツの納会で熱海後楽園に呼ばれたはよかったが、結婚式2日前の原に向かって『原さん、明後日結婚おめでとうございます。でも子供は生まれないと思いますよ。チャンスに空振りが多くて』と言ったら、『東京スポーツ』に「女漫才師大暴言」と書かれてしまったとのこと。巨人では吉村以外、全く誉めなかった。
(第6回オープントーナメントサバイバルシリーズ2回戦敗戦)
 絵里が今年の初めに恋人を作るという目標を立てたのに、もう11月になったけれどできなかったという話。そこから、どうやって恋人を作ろうかという話。真理が色々アドバイスするが、途中で落とすというパターンを繰り返す。

 女性コンビだとよくあるネタだと思った。テンポはいいが、展開、オチが見え見えだったと言われて敗退。
感 想
 『ザ・テレビ演芸』:最初の頃は、あまり面白くなく。糸井重里に「今時、水仙と水洗の洒落を聞くとは思わなかった」と言われていたが、チャンピョン大会はまとまってきていた。
エピソード
 絵理・真理がNHK新人漫才コンクールで最優秀賞受賞した際のパーティの受付を、ウッチャンナンチャンがやったらしい。そういえば同じ事務所だ。
受賞歴
 1986年 第34回NHK新人漫才コンクール最優秀賞。
その後・現在
 1988年に新山絵里が結婚により引退、コンビ解散。解散後に真理は新山妃衣子と“びいどうし”を結成(『AJAPA』より)。解散後、現在は真理のみがピンで寄席や営業を中心に活動中。ピンで寄席などに出て血液型漫談をしている。社団法人落語芸術協会協会員。プロフィール等も載っています。
 2008年10月28日、西新宿の「芸能花伝舎」で行われた落語芸術協会の「第二回・芸協らくごまつり」で新山絵理・真理が一日限りの復活。紅白歌合戦で幻のデビュー曲「ちょっと待って浅草」を披露した。
 2011年に行われた落語芸術協会の「第五回・芸協らくごまつり」で新山絵理・真理が23年ぶりに漫才を披露。
<登場者リストに戻る>

名 前
西田タカミ・キヨミ
初出場
 1985年10月12日(第6回オープントーナメントサバイバルシリーズ
実 績
 第6回オープントーナメントサバイバルシリーズ1回戦負け。
ジャンル
 漫才。
プロフィール
 タカミはダイヤル358として学生漫才デビュー。その他は不明。番組登場時、結成5年と言っていました。
ネ タ
 キヨミがタカミの顔をつかんで「ケムンパス」。
受賞歴
 1984年 第15回NHK上方漫才コンテスト優秀賞受賞
 1984年 第5回今宮子供えびす漫才新人コンクール奨励賞受賞
感 想
 不明。
その後・現在
 西田タカミは後に、ブレイクのテツヤと組んでTTSを結成。
<登場者リストに戻る>