日本ハードボイルド全集(創元推理文庫)



【日本ハードボイルド全集】
 第二次世界大戦後に輸入されたハメット、チャンドラーなどの作品に触れて衝撃を受けた若き俊才たちが相次いでデビューし、さらに多くの才能があとに続いたことにより、独自の発展を遂げた日本のハードボイルド/私立探偵小説。その歴史を語るうえで欠かせない、大きな足跡を残した作家の傑作を、全7巻に集成する。各巻には気鋭の評論家による作家論・ハードボイルド論を兼ねた解説のほか、それぞれに私淑する作家のエッセイを収録。

(宣伝文より引用)

【編集委員】
 北上次郎、日下三蔵、杉江松恋

巻 数 タイトル 初 版 収録作品
第1巻 生島治郎『死者だけが血を流す/淋しがりやのキング』 2021年4月23日 『死者だけが血を流す』
「チャイナタウン・ブルース」
「淋しがりやのキング」
「甘い汁」
「血が足りない」
「夜も昼も」
「浪漫渡世」
巻末エッセイ=「宝物」大沢在昌
解説=北上次郎
第2巻 大藪春彦『野獣死すべし/無法街の死』 2021年10月22日 「野獣死すべし」
『無法街の死』
「狙われた女」
「国道一号線」
「廃銃」
「黒革の手帳」
「乳房に拳銃」
「白い夏」
「殺してやる」
「暗い星の下に」
巻末エッセイ=「三度の邂逅」馳星周
解説=杉江松恋
第3巻 河野典生『他人の城/憎悪のかたち』    
第4巻 仁木悦子『冷えきった街/緋の記憶』    
第5巻 結城昌治『幻の殺意/夜が暗いように(仮)』    
第6巻 都築道夫『酔いどれ探偵/二日酔い広場』 2021年7月21日 『酔いどれ探偵』
 ・「背中の女」
 ・「おれの葬式」
 ・「気のきかないキューピッド」
 ・「黒い扇の踊り子」
 ・「女神に抱かれて死ね」
 ・「ニューヨークの日本人」
『二日酔い広場』
 ・「風に揺れるぶらんこ」
 ・「鳴らない風鈴」
 ・「巌窟王と馬の脚」
 ・「ハングオーバー・スクエア」
 ・「濡れた蜘蛛の巣」
 ・「落葉の杯」
 ・「まだ日が高すぎる」
巻末エッセイ=香納諒一
解説=日下三蔵
第7巻 傑作集  


【「全集を読もう!」に戻る】