日本推理作家協会賞



【日本推理作家協会賞】
 日本推理作家協会賞は、社団法人日本推理作家協会がその年に発表された推理小説の中で最も優れていたものに授与する文学賞。1947年6月21日に設立された日本探偵作家クラブが1948年から選出している。
 第1回(1948年)~第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞という名称だった。文部省から認可された日本探偵作家クラブが、1963年1月31日に社団法人日本推理作家協会と法人化されたのを機に、第16回(1963年)から日本推理作家協会賞と名称が変更された。
 第1回~第4回までは長編賞、短編賞と部門で別れていた。まだ第1回のみ新人賞があった。第5回からは部門の区別がなくなったが、第29回(1976年)から長編部門、短編部門、評論その他部門に別れた。第36回より連作短編集が短編部門に追加され、短編部門が短編および連作短編集部門と変更された。第53回(2000年)より連作短編集が長編部門の対象となり、長編及び連作短編集部門、短編部門と変更された。
 1度受賞した作家の再受賞は禁じられている。

【第1回~第4回】
【日本推理作家協会賞】
回 数
長編賞
短編賞
新人賞
第1回(1948年)
横溝正史『本陣殺人事件』 木々高太郎「新月」 香山滋「海鰻荘奇談」
第2回(1949年)
坂口安吾『不連続殺人事件』 山田風太郎「眼中の悪魔」「虚像淫楽」
第3回(1950年)
高木彬光『能面殺人事件』 大坪砂男「私刑」
第4回(1951年)
大下宇陀児『石の下の記録』 島田一男「社会部記者」
(リンク先は感想です)

【第5回~第28回】
回 数
作 品
第5回(1952年)
水谷準「ある決闘」江戸川乱歩『幻影城』
第6回(1953年)
受賞作なし
第7回(1954年)
受賞作なし(奨励賞:丘美丈二郎「鉛の小函」、氷川瓏「睡蓮夫人」、鷲尾三郎「雪崩」)
第8回(1955年)
永瀬三吾「売国奴」
第9回(1956年)
日影丈吉「狐の鶏」
第10回(1957年)
松本清張『顔』
第11回(1958年)
角田喜久男「笛吹けば人が死ぬ」
第12回(1959年)
有馬頼義『四万人の目撃者』
第13回(1960年)
鮎川哲也『黒い白鳥』『憎悪の化石』
第14回(1961年)
水上勉『海の牙』笹沢左保『人喰い』
第15回(1962年)
飛鳥高『細い赤い糸』
第16回(1963年)
土屋隆夫『影の告発』
第17回(1964年)
結城昌治『夜の終る時』河野典生『殺意という名の家畜』
第18回(1965年)
佐野洋『華麗なる醜聞』
第19回(1966年)
中島河太郎『推理小説展望』
第20回(1967年)
三好徹『風塵地帯』
第21回(1968年)
星新一『妄想銀行』
第22回(1969年)
受賞作なし
第23回(1970年)
陳舜臣『玉嶺よふたたび』『孔雀の道』
第24回(1971年)
受賞作なし
第25回(1972年)
受賞作なし
第26回(1973年)
夏樹静子『蒸発 ある愛の終わり』森村誠一『腐蝕の構造』
第27回(1974年)
小松左京『日本沈没』
第28回(1975年)
清水一行『動脈列島』
(リンク先は感想です)

【第29回~第35回】
回 数
長編賞
短編賞
評論その他の部門賞
第29回(1976年)
受賞作なし 戸板康二「グリーン車の子供」 権田萬治『日本探偵作家論』
第30回(1977年)
受賞作なし 石沢英太郎「視線」 山村正夫『わが懐旧的探偵作家論』
第31回(1978年)
泡坂妻夫『乱れからくり』大岡昇平『事件』 受賞作なし 青木雨彦『課外授業 ミステリにおける男と女の研究』石川喬司『SFの時代』
第32回(1979年)
天藤真『大誘拐』檜山良昭『スターリン暗殺計画』 阿刀田高「来訪者」 植草甚一『ミステリの原稿は夜中に徹夜で書こう』
第33回(1980年)
受賞作なし 受賞作なし 受賞作なし
第34回(1981年)
西村京太郎『終着駅殺人事件』 仁木悦子「赤い猫」、連城三紀彦「戻り川心中」 中薗英助『闇のカーニバル スパイ・ミステリィへの招待』
第35回(1982年)
辻真先『アリスの国の殺人』 日下圭介「鶯を呼ぶ少年」、「木に登る犬」 受賞作なし
(リンク先は感想です)

【第36回~第52回】
回 数
長編部門
短編および連作短編集部門
評論その他の部門
第36回(1983年)
胡桃沢耕史『天山を越えて』 受賞作なし 受賞作なし
第37回(1984年)
加納一朗『ホック氏の異郷の冒険』 伴野朗『傷ついた野獣』 受賞作なし
第38回(1985年)
北方謙三『渇きの街』皆川博子『壁・旅芝居殺人事件』 受賞作なし 佐瀬稔『金属バット殺人事件』松山巌『乱歩と東京 1920都市の貌』
第39回(1986年)
岡嶋二人『チョコレートゲーム』志水辰夫『背いて故郷』 受賞作なし 松村喜雄『怪盗対名探偵 フランス・ミステリーの歴史』
第40回(1987年)
逢坂剛『カディスの赤い星』高橋克彦『北斎殺人事件』 受賞作なし 伊藤秀雄『明治の探偵小説』
第41回(1988年)
小杉健治『絆』 受賞作なし 受賞作なし
第42回(1989年)
船戸与一『伝説なき地』和久峻三『雨月荘殺人事件』 小池真理子「妻の女友達」 直井明『87分署グラフィティ―エド・マクベインの世界』
第43回(1990年)
佐々木譲『エトロフ発緊急電』 受賞作なし 鶴見俊輔『夢野久作 迷宮の住人』
第44回(1991年)
大沢在昌『新宿鮫』 北村薫『夜の蝉』 竹中労『百怪、我が腸(はらわた)ニ入ル 竹中英太郎作品譜』、徳岡孝夫『横浜・山手の出来事』
第45回(1992年)
宮部みゆき『龍は眠る』綾辻行人『時計館の殺人』 受賞作なし 『北米探偵小説論』野崎六助
第46回(1993年)
高村薫『リヴィエラを撃て』 受賞作なし 長谷部史親『欧米推理小説翻訳史』秦新二『文政十一年のスパイ合戦』
第47回(1994年)
中島らも『ガダラの豚』 斎藤純「ル・ジタン」、鈴木輝一郎「めんどうみてあげるね」 北上次郎『冒険小説論 近代ヒーロー像100年の変遷』
第48回(1995年)
藤田宜永『鋼鉄の騎士』、折原一『沈黙の教室』 加納朋子「ガラスの麒麟」山口雅也『日本殺人事件』 各務三郎『チャンドラー人物事典』
第49回(1996年)
京極夏彦『魍魎の匣』梅原克文『ソリトンの悪魔』 黒川博行「カウント・プラン」 受賞作なし
第50回(1997年)
真保裕一『奪取』 受賞作なし 共同通信社社会部『沈黙のファイル 「瀬島龍三」とは何だったのか』
第51回(1998年)
馳星周『鎮魂歌 不夜城II』桐野夏生『OUT』 受賞作なし 笠井潔編『本格ミステリの現在』風間賢二『ホラー小説大全』
第52回(1999年)
東野圭吾『秘密』香納諒一『幻の女』 北森鴻『花の下にて春死なむ』 森英俊『世界ミステリ作家事典〔本格派篇〕』
(リンク先は感想です)

【第53回~第74回】
回 数
長編および連作短編集部門
短編部門
評論その他の部門
第53回(2000年)
天童荒太『永遠の仔』福井晴敏『亡国のイージス』 横山秀夫「動機」 小林英樹『ゴッホの遺言』
第54回(2001年)
東直己『残光』、菅浩江『永遠の森 博物館惑星』 受賞作なし 井家上隆幸『20世紀冒険小説読本(「日本篇」「海外篇」)』、都筑道夫『推理作家の出来るまで』
第55回(2002年)
山田正紀『ミステリ・オペラ』、古川日出男『アラビアの夜の種族』 法月綸太郎「都市伝説パズル」光原百合「十八の夏」 受賞作なし
第56回(2003年)
浅暮三文『石の中の蜘蛛』、有栖川有栖『マレー鉄道の謎』 受賞作なし 新保博久・山前譲『幻影の蔵』
第57回(2004年)
垣根涼介『ワイルド・ソウル』歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』 伊坂幸太郎「死神の精度」 千街晶之『水面の星座 水底の宝石』、多田茂治『夢野久作読本』
第58回(2005年)
貴志祐介『硝子のハンマー』戸松淳矩『剣と薔薇の夏』 受賞作なし 日高恒太朗『不時着』
第59回(2006年)
恩田陸『ユージニア』 平山夢明「独白するユニバーサル横メルカトル」 郷原宏『松本清張事典 決定版』、柴田哲孝『下山事件 最後の証言』
第60回(2007年)
桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』 受賞作なし 小鷹信光『私のハードボイルド』、巽昌章『論理の蜘蛛の巣の中で』
第61回(2008年)
今野敏『果断 隠蔽捜査2』 長岡弘樹「傍聞き」 最相葉月『星新一 一〇〇一話をつくった人』、紀田順一郎『幻想と怪奇の時代』
第62回(2009年)
道尾秀介『カラスの親指』柳広司『ジョーカー・ゲーム』 曽根圭介「熱帯夜」、田中啓文「渋い夢」 円堂都司昭『「謎」の解像度』、栗原裕一郎『〈盗作〉の文学史』
第63回(2010年)
飴村行『粘膜蜥蜴』、貫井徳郎『乱反射』 安東能明「随監」 小森健太朗『英文学の地下水脈 古典ミステリ研究~黒岩涙香翻案原典からクイーンまで~』
第64回(2011年)
麻耶雄嵩『隻眼の少女』、米澤穂信『折れた竜骨』 深水黎一郎「人間の尊厳と八〇〇メートル」 東雅夫『遠野物語と怪談の時代』
第65回(2012年)
高野和明『ジェノサイド』 湊かなえ「望郷、海の星(単行本改題「海の星」)」 横田順彌『近代日本奇想小説史 明治篇』
第66回(2013年)
山田宗樹『百年法』 若竹七海 「暗い越流」 諏訪部浩一 『『マルタの鷹』講義』
第67回(2014年)
恒川光太郎『金色機械』 受賞作なし 清水潔『殺人犯はそこにいる』、谷口基『変格探偵小説入門』
第68回(2015年)
月村了衛『土漠の花』、早見和真『イノセント・デイズ』 受賞作なし 喜国雅彦『本棚探偵最後の挨拶』、霜月蒼『アガサ・クリスティー完全攻略』
第69回(2016年)
柚月裕子『孤狼の血』 大石直紀「おばあちゃんといっしょ」、永嶋恵美「ババ抜き」 門井慶喜『マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代』
第70回(2017年)
宇佐美まこと『愚者の毒』 薬丸岳「黄昏」 受賞作なし
第71回(2018年)
古処誠二『いくさの底』 降田天「偽りの春」 宮田昇『昭和の翻訳出版事件簿』
第72回(2019年)
葉真中顕『凍てつく太陽』 澤村伊智「学校は死の匂い」 長山靖生『日本SF精神史【完全版】』
第73回(2020年)
呉勝浩『スワン』 矢樹純「夫の骨」 金承哲『遠藤周作と探偵小説』
第74回(2021年)
坂上泉『インビジブル』櫻田智也『蝉かえる』 結城真一郎「#拡散希望」 真田啓介『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみI フェアプレイの文学』『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみII 悪人たちの肖像』
(リンク先は感想です)


【「全集を読もう!」に戻る】